膝の痛みの原因を知るのにオススメの医療機関とは?

膝の痛みの原因を知るのにオススメの医療機関とは?

膝の痛みの原因を知るのにオススメの医療機関とは?

 

膝の痛みの原因はさまざま。日頃の意識ひとつで症状が良くなることもあれば、原因を治療しないと治らない病気もあります。筋肉をつけたり、歩き方を工夫しても痛みが治まらない場合は、専門家に診てもらうことをオススメします。

 

この記事では、膝が痛くなったときにどこで診てもらえばよいのかについてご説明します。

 

 

それぞれ違う治療をうけることができる

 

膝の痛みを治療する医療機関としては、整形外科、接骨院・整骨院があります。それぞれにメリットがあるので、どちらが良いということはありません。

 

以下の特徴を覚えておくとよいでしょう。

 

整骨院・接骨院

柔道整復師という国家資格を持つスタッフによる治療。主に手技、つまり手を使って骨のゆがみを整えたりコリをほぐすことを中心にした治療が行われます。

 

しかし、健康保険が適用される治療は限定されています。事故やケガでの膝の痛みは保険が適用される可能性が高いものの、日常生活による慢性的な膝の痛みは適用外になる可能性があるので注意が必要です。

 

整形外科

医師免許をもつ整形外科医が治療します。生活習慣の指導や、内服薬の処方だけでなく、注射を使ったり手術を行うこともあります。また、骨の異常を正確に診断するのに欠かせないレントゲン。MRIやST検査を行うことができるのは整形外科だけです。

 

膝の痛みによっては、整形外科では薬しか処方されないという場合もあり、手を使った治療をしてくれる整骨・接骨院を好む人も少なくありません。しかし、正確な診断においてはレントゲンは効果の高い機器です。最終的にどちらを選ぶにしても整形外科での診察はメリットが多いといえるでしょう。

 

 

レントゲンは膝の痛みの原因を特定するのに役立つ

 

健康で異常の無い脚は、股関節から膝関節、足の関節にかけて一直線になっています。この関節の並びがゆがんでいると膝の痛みを引き起こす場合があります。

 

例えば、変形性膝関節症の場合、軟骨がすり減ってきて、関節の隙間がなくなっています。さらに、骨と骨が擦り合う部分に骨棘(こつきょく)というトゲができることがあります。すると、膝を曲げ伸ばしするときにひっかかったような感じがして動かしづらいくなるのです。

 

また、骨硬化と呼ばれる骨の変質も膝の痛みによっては起きる場合があります。

 

膝の痛みの多くは関節の異常によって起きています。触診や視診によって見分けることができるものもありますが、関節の内部の状態、骨の変質はレントゲンで確認するほうが正確です。こうした点を考えてもレントゲンが扱える整形外科での診察はメリットが大きいといえるでしょう。

 

 

治療には人それぞれの好みがあります。薬や注射の治療よりも、人の手でゆがみを整えてもらうほうが好きという人もいますし、そのほうが痛みが改善される場合もあるでしょう。しかし、膝の痛みの中には、触診や視診ではわかりづらいものもあります。ですから一度はレントゲンで膝の状態を診てもらうことをオススメします