膝痛にステロイド注射。メリットとデメリットを知り効果的に使おう

膝痛にステロイド注射。メリットとデメリットを知り効果的に使おう

膝痛にステロイド注射。メリットとデメリットを知り効果的に使おう

 

膝が痛くなったときの治療として手軽に試せるのは「湿布」や「軟膏」。ドラッグストアでも手に入れることができますし、何よりも副作用の心配もほとんどありません。

 

しかし、そうした外用薬で効果が無い場合は「ステロイド注射」という方法もあります。一体どのような治療法なんでしょうか?また、副作用はないのでしょうか?

 

この記事では膝の痛みの特効薬と呼ばれるステロイド注射についてご紹介しています。

 

 

さまざまな疾患に対する特効薬「ステロイド」

 

医療の分野で「ステロイド」という言葉を良く耳にされるのではないでしょうか。一体どういうものなの?と思われるかもしれません。

 

ステロイドとは腎臓の隣にある「副腎」で作られる「副腎皮質ホルモン」のひとつです。その有効成分を科学的に合成したのが「ステロイド剤」と呼ばれます。

 

ステロイドは、炭水化物・タンパク質・脂質の代謝を整えたり免疫を制御したり、炎症を鎮めたりする働きがあります。ステロイド剤を使うと炎症系、免疫系、アレルギー性の病気に対してかなりの効果を期待できます。ですから、医療のさまざまな分野で用いられています。

 

しかし、すぐれた効果がある反面、使い方を間違えると副作用も強くでてしまいます。長期間使い続けると、血液の病気や、目の病気を引き起こすことがあります。一度に大量に摂取すると感染症や精神障害をわずらうこともあるのです。使用するときは、副作用を理解し医師の指示に従って用いるようにしてください。

 

 

期間を空けて注射すると副作用のリスクを減らせる

 

膝に水がたまっており、痛みで歩くこともできない。そうした症状の場合、膝関節にステロイド注射をすると劇的に痛みを抑えることができる場合があります。というのも、水がたまっているということは関節で炎症が起きている可能性があるから

 

先ほど述べたとおり、ステロイドには炎症を鎮める効果があります。ですから、痛みがひどい場合はステロイド注射をすすめられることもあるでしょう。

 

でも、副作用が心配だし・・・。と思われるのも無理はありません。とても効果が期待できる分、使い方には気をつける必要があります。

 

欧米の臨床研究によると、年に2回、3ヶ月期間を空けるというルールを守ると副作用の心配もかなり減らすことができるようです。その証拠に、膝の痛みに対するステロイド注射での治療はヨーロッパでは一般的な治療になっています。

 

 

ステロイド注射は、膝が痛いという悩みを持つ人にとっての特効薬とも言える治療法です。日本では「ステロイド」という言葉を聞くだけで拒絶反応を示す人もいます。使い方を間違えるとひどい副作用を引き起こすことにもなるので無理もありません。

 

しかし、使い方に気をつければ効果的な治療法です。痛みをやわらげて毎日を元気に過ごしたい。外に出かけてスポーツを楽しみたい。そういった人の願いを叶えてくれるステロイド注射。イメージだけで拒絶するのではなく、医師に勧められた場合は耳を傾けてみるのはいかがでしょうか。