膝にたまった水を抜くとクセになる?原因を知ると答えが分かる

膝にたまった水を抜くとクセになる?原因を知ると答えが分かる

膝にたまった水を抜くとクセになる?原因を知ると答えが分かる

 

膝の痛みの原因にはさまざまなものがありますが、関節内で炎症が起こっている場合、「水がたまる」という現象が起きることもあります

 

しかし、膝にたまった水を抜くとクセになるというウワサを聞いたことがあるかもしれません。果たして本当なのでしょうか?

 

それを知るためには、水がたまる原因となる病気について理解しておくことが重要です。

 

 

水がたまっている場合「関節水腫」かも

 

膝に水がたまるとはよく言いますが、一体どのような症状なのでしょうか?以下の方法でチェックできます。

 

片手で、上部から膝のお皿を抑えます。そして、もう一方の手を使い、お皿を上から軽く押してください何かブヨブヨとした感覚があれば水がたまっている可能性があります

 

この症状が出ている場合、「関節水腫」かもしれません。水の正体は関節液ですが、ずっと放置していると、膝を曲げ伸ばししづらくなったり、靭帯が緩んだり膝の安定感が悪くなります。

 

 

滑膜からの分泌に異常が起こると水がたまる

 

実は、関節には元から水、つまり関節液がある程度存在しています。車のエンジンの中にオイルが入っており、それが動きを良くしてくれるのと同じように、関節液は関節をスムーズに動かすのに必要不可欠です。この関節液は「滑膜」という部分で作られていますが、新しい関節液ができると古いものは吸収され、一定の量を保っています。

 

しかし、何かの原因で関節に炎症が起こると、関節液が過剰に分泌され吸収されません。それが、関節に水がたまる原因です。

 

 

「カス」が組織を刺激して炎症を引き起こす

 

では、どうして滑膜が異常に関節液を分泌するのでしょうか?

 

その原因は、「炎症」。関節内の軟骨・骨がすり減ってきてカスが浮遊していると関節の組織を刺激してしまいます。それが炎症を引き起こすのですが、サイトカインと呼ばれる痛みを強める化学物質によってさらに炎症が悪化するという悪循環に陥ります

 

こうして炎症が起こることによって、関節液の過剰分泌が生じ、水がたまるというわけです。

 

 

原因を解決していないから溜まり続ける

 

炎症が起きているから滑膜が異常をきたし、関節液を過剰に分泌する。こうした原理を考えると、膝の水を抜くのはクセになるというウワサは間違っているということがわかります。というのも、水を抜いても、原因となる炎症を治さない限り、関節液の過剰分泌は収まらないからです。

 

しかも、膝にたまった水を抜くとクセになるからといって放置していると、痛みが治まらず、余計に水がたまります関節水腫のように膝に水がたまる場合には、まずは水を抜き、それから炎症を沈める治療をすることが大切なのです

 

 

関節水腫など、膝の痛みの中でも水がたまるという現象をともなうものがあります。ウワサでは水を抜くとクセになるとも言われることがありますが、それは真っ赤ウソ。関節液が過剰分泌される原因を治療することが大切です。正しい知識を知り、正しい治療をうけることが膝の痛みをやわらげるために欠かせないことですね。