ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム

 

ロコモティブシンドロームという言葉をご存知でしょうか?運動器症候群とか、略して「ロコモ」とも言われますが、これは、運動器の機能が低下して、介護が必要になったり寝たきりになったりする状態のことを指す言葉です。

 

ロコモティブシンドロームは、2007年に日本整形外科学会が提唱し、予防啓発を行っている新しい概念です。これから超高齢化社会に向かう日本においては、既に約半数の国民が該当するほどで、国民病とも言えるものです。運動機能を維持して、元気に長生きするという取り組みは、これから益々大切になっていきます。

 

 

ロコモティブシンドロームの症状

 

ロコモティブシンドロームとは、運動器の機能低下による日常生活の自立度が低下する状態です。言い換えれば、ロコモティブシンドロームの症状は、日常生活で必要な「立つ」「歩く」「持ち上げる」「運ぶ」といったことが困難になることと言えます。

 

具体的には、以下のようなものが挙げられます。また、これらの項目により多く該当するほどロコモティブシンドロームであると言うことができます。

  • 買い物などで荷物を運ぶことが困難
  • 家事を行うことが困難
  • 片足立ちで靴下が履けない
  • 手すりを使わずに階段を上ることが困難
  • 15分間続けて歩くことが困難
  • 家の中でつまづいたり滑ったりすることが多い
  • 歩くのが遅く、信号を渡り切れない

 

 

ロコモティブシンドロームの原因

 

ロコモティブシンドロームは運動器の機能低下という全身に係わる幅広い概念です。ここで言う運動器とは、骨・関節・筋肉・神経などの体を動かすための基礎となっている部分を指しますが、これらの運動器が機能低下を起すことによって、日常生活に必要な行動が徐々に困難になってきます。

 

運動器は単独で動いているのでなく、それぞれが連携して働いていますので、骨・関節・筋肉・神経のどれかひとつが悪くなっただけでも身体を動かすことが不自由になってしまいます。そのため、運動器の機能低下が起こってしまう原因には、骨・関節・筋肉・神経など様々な要因が係わってきます。

 

このように、ロコモティブシンドロームには様々な原因がありますが、それらは大きく二種類に分類することができます。そのひとつは運動器の疾患が原因となっているもの、もうひとつは加齢による運動機能不全が原因となっているものです。

 

@運動器の疾患によるもの

運動器の疾患が原因となっているものとしては、骨・関節・筋肉・神経という運動器に係わる全ての病気を挙げることができますが、なかでも身体を動かすことが不自由になることの多いものを以下にあげてみます。

  • 変形性関節症
  • 骨粗鬆症に伴う猫背
  • 易骨折性
  • 変形性脊椎症
  • 脊柱管狭窄症
  • 関節リウマチ
  • 長期臥床後の運動器廃用
  • 高頻度転倒者

 

これらの疾患だけでなく、痛みや関節可動域制限、筋力低下、麻痺などが起こるあらゆる疾患によって、運動機能は大きく損なわれてしまいます。

 

A加齢による運動機能不全によるもの

加齢による運動機能の衰えは、誰でも必ず起こってきます。筋力や持久力の低下、運動速度や反応速度の低下、感覚能力やバランス能力の低下などは、加齢によって確実に起こってくる変化です。さらに運動不足や閉じこもりなどの要因が加わると、運動機能の低下はより加速することになります。

 

 

ロコモティブシンドロームの検査と診断

 

ロコモティブシンドロームの原因が多種多様であるため、その診断と検査も患者の状態によって様々なことが考えられます。レントゲン撮影やCT・MRI、血液検査など、それぞれに必要な検査を行い原因疾患の診断を行います。

 

 

ロコモティブシンドロームの治療法

 

ロコモティブシンドロームの治療についても、運動機能障害を起す原因となっている疾患に対する治療が中心となります。まずは骨・関節・筋肉・神経の原因疾患を治療して、その機能を回復することが先決です。

 

運動機能障害には、痛みによって動かすことができないことが原因となっているものも多くあります。そういった場合には、痛みを取ったり軽減したりという治療を行うことで、運動機能が大きく回復する場合もあります。

 

また、疾患の治療と同時にリハビリを行って運動機能の回復をはかることがとても大切です。ただし、原因疾患の病状によっては逆効果になることもありますので、医師や理学療法士など専門家の指導の下で、より効果的なリハビリを行うことが必要です。

 

 

ロコモティブシンドロームの予防

 

ロコモティブシンドロームでは、いかに健康寿命を長くするかという視点での予防がとても大切です。運動機能を維持したり向上させるための運動には様々なものがありますが、主なものを以下に紹介します。

  • 片足立ち
  • スクワット
  • ウォーキング
  • ストレッチ
  • 体操
  • 各種スポーツ

 

なかでも片足立ちやスクワットは、起き上がったり立ち上がったりという動作に必要な筋力やバランス感覚を維持向上させるのに効果的です。介護が必要でない生活をより長く続けるためにも、日々の生活のなかでぜひ継続して行きたいトレーニングです。

 

また、家の中で転倒して骨折するというのは、高齢者にとって介護が必要になってしまう大きな要因となりますので、転倒防止というのはとても重要になります。日頃から足腰の筋力アップをはかったりバランス感覚を維持向上することは、転倒防止という意味においても効果的です。

 

この他にも様々な運動や体操が提唱されていますが、大切なのはご本人の状態に合わせた適切な運動を行うことです。無理をして余計に状態が悪くなることも充分にあり得ることですから、無理なく継続できる程度の運動を生活に取り入れることから始めましょう。