坐骨神経痛

坐骨神経痛

 

坐骨神経痛とは、坐骨神経が圧迫されたり刺激されることによって起こる痛みやしびれなどの症状のことで、正式な疾患名ではありません。中高年に多く起こり、痛む場所や痛み方にも様々な種類がありますが、ひどい場合には日常生活にも支障をきたしてしまうこともあります。

 

 

坐骨神経痛の症状

 

坐骨神経痛の主な症状は、腰から臀部、大腿、下腿、足先という広範囲な部分に鋭い痛みやしびれを感じます。また、張りや冷感、灼熱感、締付感といった症状が現れる場合も多くあります。

 

坐骨神経痛は、坐骨神経が走っている部位に起こってくる症状の呼び名であるために、原因も様々です。その症状には様々なバリエーションがあり、例を上げると以下のようなものがあります。

 

  • 足が激しく痛んで、すぐに歩けなくなってしまう
  • 臀部がいつも痛かったり、しびれた感じがする
  • 立っていると足が痛んで立っていられなくなる
  • 安静にしていても臀部や足が激しく痛む
  • 足に力が入らなくなる

 

 

坐骨神経痛の原因

 

坐骨神経痛は、坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることによって痛みやしびれなどが起こります。坐骨神経が圧迫される原因にはいろんなものがありますが、腰椎椎間板ヘルニアが最も多く実に約9割を占めます。その他にも腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、帯状疱疹、脊椎や脊髄の腫瘍、骨盤内腫瘍など様々な原因があります。

 

坐骨神経は体の末梢神経のなかでは最も太くて長い神経で、脊髄神経から分岐し、腰椎や仙骨のすき間を通って骨盤内、大腿後面を通り、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれるまで続いています。腰椎椎間板ヘルニアによるものは、脊椎神経から分岐する神経根の部分が圧迫されてしまうことで神経が障害されます。

 

その他には、臀部の奥を横向きに走っている梨状筋という筋肉が、坐骨神経を圧迫してしまうことによって起こる場合もあります。これは坐骨神経が梨状筋を貫いたり挟むような形状をしていることと、運動などの刺激によって起こる症状ですが、約1割の人に見られる特殊な形状で、症例が少ないため見過ごされやすい原因です。

 

 

坐骨神経痛の検査と診断

 

坐骨神経痛は坐骨神経が何らかの原因で障害されることによって起こる症状の総称ですので、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの原因がはっきりしている場合と、原因不明の場合とがあります。そのため坐骨神経痛の診断では問診がとても重要な位置を占め、どのようなときにどのような症状が発生するのか、痛みの原因は何なのかという点が、治療方針を決める上でとても大切になります。

 

痛みの原因となる疾患を突き止めるためにもレントゲン撮影はとても重要になりますが、脊椎や椎間板、椎間関節の形状に異常がないか、靱帯の骨化や骨折、腫瘍、炎症などの所見がないかなどを調べます。さらに詳しい検査が必要であれば、CT、MRIなどを行い、痛みやしびれなど症状の原因となる部分がないか調べます。

 

 

坐骨神経痛の治療法

 

坐骨神経痛の治療は保存療法が基本になりますが、まず薬剤投与を行い、改善しなければ理学療法、さらに神経ブロックという流れで治療を行います。

 

薬剤投与

坐骨神経痛に対して使用される薬剤には、非ステロイド性消炎鎮痛薬、神経障害性疼痛治療薬、医療用麻薬、ステロイド他、様々なものがあります。以下に主なものをご紹介します。

 

・非ステロイド性消炎鎮痛薬

一般的に選択されるのは、非ステロイド性消炎鎮痛薬の内服や坐薬です。NSAIDsとも呼ばれ、痛みの原因物質であるプロスタグランジンの生成を抑制し、痛みを抑える薬です。長期に投与することが多いので、胃腸障害などの副作用に注意しながら投与する必要があります。

 

・神経障害性疼痛治療薬

神経障害性疼痛治療薬は神経が圧迫されるなど何らかの原因で神経が傷害されて起こる痛みに効く薬で、痛みを伝える神経伝達物質の過剰な放出を抑えることによって痛みを和らげます。眠気やめまい、ふらつきなどの副作用がありますので注意して投与する必要があります。

 

・医療用麻薬

医療用麻薬は脊髄から脳への痛みの伝達をブロックすることで痛みを緩和します。通常は癌による疼痛のコントロールに対して使用しますが、他の薬剤を投与しても治まらないような激しい痛みに対しても使用が認められています。

 

・その他

その他にもステロイドや筋緊張弛緩薬、血管拡張薬、抗うつ薬、抗てんかん薬、抗不整脈薬なども必要に応じて投与します。これらの薬は、それぞれ違った作用によって緊張や興奮を抑えることにより、痛みなどの症状を緩和する働きをします。

 

リハビリテーション

リハビリテーションでは温熱療法、低周波刺激療法、運動療法などが行われています。それぞれの方法に痛みを改善する効果はありますが、運動療法については痛のために動かさないことで関節の可動域が狭くなったり筋力が低下してしまうことを防ぐという狙いもあります。症状を緩和するのと同時に、日常生活でのQOLを維持することも坐骨神経痛の治療では大切になります。

 

神経ブロック

坐骨神経痛の症状を薬物療法などで改善できなかった場合に行われる治療法が神経ブロックです。神経ブロックは、神経やその周りに局所麻酔薬を注射して痛みを緩和する方法で、その方法には硬膜外ブロックと神経根ブロックとがあります。神経ブロックは外来でも行うことができる治療で、効果がある場合には1回の治療で1週間から2週間ほど痛みが緩和されます。

 

・硬膜外ブロック

硬膜外ブロックは、脊髄の周りにある硬膜の外側にある硬膜外腔に麻酔薬を注入して、神経の炎症を抑え、痛みを緩和する方法です。坐骨神経痛の治療に使われる硬膜外ブロックには、腰椎硬膜外ブロックと仙骨硬膜外ブロックがありますが、主に仙骨硬膜外ブロックが選択されます。腰椎硬膜外ブロックの方が効き目が強いんですが、手術時の麻酔などに使われるブロックでもあり、下半身に麻酔がかかってしばらく歩けなくなったりする場合もあるためです。

 

・神経根ブロック

神経根ブロックとは、脊椎から分岐している神経根に対して局所麻酔薬を注入する方法で、レントゲンで注入部位を確認しながら行います。硬膜外ブロックと比較しても、神経そのものに直接注射しますので、神経の炎症を抑える効果も大きいですが、針が神経に当たる時に激痛があります。

 

麻酔薬を注入すると神経根は麻痺しますので痛みは治まりますが、神経根は複数ありますので同時に数本の神経根が侵されていると、複数の神経根に注射が必要な場合もあります。麻酔薬によって下肢に力が入らなくなってしまう場合もありますが、しばらくすると改善します。