腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎

 

腸脛靭帯炎は、ランナー膝・ランナーズニーとも呼ばれ、長距離を走るランナーに多く発生する膝の障害です。走ることで膝の外側に疼痛が発生しますが、これはトレーニングのしすぎが原因の、いわゆるオーバーユース症候群のひとつです。

 

近年ではランニングブームの影響から市民ランナーの間でも腸脛靱帯炎を発症する人が増えています。過度なトレーニングばかりが原因ではなく、誤ったフォームで体に負担をかけてしまうことも原因となりますので、正しい走行フォームを身につけることはとても大切です。

 

 

腸脛靭帯炎の症状

 

腸脛靱帯炎になると、膝の外側の大腿骨の出っ張った部分(大腿骨外顆)に痛みが生じますが、階段や坂を下る動作でより負荷が大きくなるため痛みが強くなります。腸脛靱帯炎はマラソンなどの長距離走を行う男性に多く発生する障害で、走っている最中や走った後などに膝の外側に強い痛みが発生するのが特徴です。また、手でその部分を押した時にも痛みが生じます。

 

腸脛靱帯炎の初期には、しばらく安静にしているとほとんどの場合に痛みは治まりますが、安静にせず無理をしてしまうと、休んでも痛みが治まらなくなり、慢性化してしまうことがあります。症状が重くなると、痛みがさらに強くなったり、膝の曲げ伸ばしが困難になったりと、日常生活に支障をきたすようになることもあります。

 

腸脛靱帯は骨盤横の大腿筋膜張筋から始まり、脛骨外側顆まで伸びる長い組織ですが、膝だけでなく大腿骨転子部に痛みが生じることもまれにあります。

 

 

腸脛靭帯炎の原因

 

腸脛靱帯炎の原因で多いのは、長距離走などで練習のしすぎによるものであるため、ランナー膝やランナーズニーとも呼ばれています。腸頸靱帯は、骨盤の横から大腿筋膜張筋として始まり、靱帯に移行して脛骨外側顆につながります。腸頸靱帯は、膝の曲げ伸ばしによって大腿骨外顆の前後を往復する動きをするため、過度な運動によって骨のでっぱりとの摩擦で炎症を起こすといわれています。

 

また、マラソンでは硬い路面を長時間走りますが、こういったトレーニングで生じる衝撃を受け続けることも腸脛靱帯炎の原因のひとつといわれています。そして、陸上トラックを同一方向にまわり続けることも、同じ向きにカーブする動きを繰り返して体の片側だけに負荷がかかるために、骨盤のバランスを保つ腸脛靱帯を酷使して炎症を起こす原因となります。

 

他にも、O脚の人や回外足など骨格面で腸脛靱帯に負荷がかかりやすい要因のある人、成長期で筋膜の緊張が強くなった状態の人などに、腸脛靱帯炎が発生しやすくなります。腸脛靱帯につながる大腿筋膜張筋や中臀筋、大臀筋に過度な緊張が起こると、結果的に腸頸靱帯が引っ張られて無理がかかり、炎症を起こしやすくなりますので、こういった状態にあるときには適切な対処を行う必要があります。

 

 

腸脛靭帯炎の検査と診断

 

腸脛靭帯炎は、主に問診や触診、そして徒手検査法という方法によって診断を行います。徒手検査法とは、膝を90度に曲げた状態から、大腿骨外顆の部分を指で押しながら膝を伸ばし、痛みが生じるかどうかで腸脛靭帯炎の有無を確認する方法です。

 

腸脛靱帯炎ではレントゲンやMRIでの有意な画像は得られません。ただし、患者によっては半月板損傷に似た症状を訴える場合もありますので、必要であれば他の病気との判別のためにこれらの検査を行います。

 

 

腸脛靭帯炎の治療法

 

病院での治療

病院では、腸脛靱帯炎に対してこれを行えば治るという治療方法はなく、ほとんどの場合、安静と保存的治療が基本となります。軽症のうちに治療を開始すれば、しばらく運動を控えて安静にするだけで痛みは解消します。まずは以下の方法を用いて回復を待ちます。

  • 安静
  • アイシング
  • サポーターで保護

 

痛みが強かったり、安静にしても痛みが続く場合には、痛みに対して以下のような対症療法を行います。

  • 消炎鎮痛薬の内服
  • 湿布の貼付

 

また、医療機関では医療機器を使った以下のような治療も行われています。

  • 温熱療法
  • 電気療法
  • 超音波療法

 

治療院等での治療

骨格や筋肉、靱帯などは微妙なバランスの上で成り立っていますので、痛みが出る場所だけに治療を行っても効果が出ないことも多くあり、鍼灸やマッサージによって腸脛靱帯炎の症状が改善するケースもあります。

 

腸脛靱帯とつながっている大腿筋膜張筋や中臀筋、大臀筋などが緊張して硬くなってしまっていると、腸脛靱帯が引っ張られて炎症を起こしやすい状態になってしまいます。このような状態のままだと腸脛靱帯炎はなかなか改善しませんので、鍼灸やマッサージによって硬くなっている筋肉の緊張をほぐすことで腸脛靱帯への負荷を軽減します。

 

病院での治療を行っても症状の改善が見られなかったようなケースでも、治療院の施術によって改善することもありますので、治療の選択肢の一つとして考えてみましょう。

 

予防と再発防止

腸脛靱帯炎の再発防止のためには、腸脛靱帯へのストレスを軽減することが重要です。その方法としては、足底板という傾斜のついた靴の中敷を使用するというものがあります。腸脛靱帯炎の治療には足の外側が厚くなった足底板を使いますが、足の内側よりも外側を高くすることで、腸頸靱帯へのストレスを軽くすることができます。

 

また、運動前のストレッチやクールダウンは腸脛靱帯炎の予防にはとても重要です。筋肉や腱、靱帯の柔軟性を保つということは、予防や再発防止のためにはとても大切ですので、長距離走を行う人は大腿筋膜張筋や中臀筋、大臀筋等の柔軟性を保つためのストレッチを行うと良いでしょう。