膝蓋骨不安定症

膝蓋骨不安定症

 

膝蓋骨不安定症は、膝のお皿と呼ばれる部分(膝蓋骨)が何らかの原因によって不安定になり、脱臼しやすい状態になってしまいます。膝蓋骨が脱臼すると激しい痛みがありますが、一度脱臼すると癖になって繰り返しやすいので注意が必要です。膝蓋骨不安定症は若い女性に比較的多い症状です。

 

 

膝蓋骨不安定症の症状

 

膝蓋骨不安定症の症状は、膝の皿が不安定な感じがしたり、膝に違和感を感じたりします。初期には傷みはありませんが、症状が進むと痛みを感じたり、膝蓋骨が脱臼したりといったことが起こります。膝蓋骨が脱臼したときには、激痛で動くことができないほどになります。そして、膝蓋骨は一度脱臼すると繰り返し脱臼てしまうことが多いため、しっかりと治療を行う必要があります。

 

また、脱臼後に整復して治ったように思っても、実は靱帯が緩んだり切れたりしていることが多く、膝蓋骨の位置がずれて大腿骨と接する部分の軟骨がすり減ってしまうことがあります。この状態をそのままにしておくと、痛みや腫れ、関節の変形を起してしまい、膝蓋大腿関節症になってしまいます。

 

 

膝蓋骨不安定症の原因

 

膝蓋骨不安定症の原因にはいくつか種類がありますので以下にご紹介します。

 

  • 靱帯がゆるんでしまう
  • 靱帯が切れてしまう
  • 膝蓋骨の先天的な異常
  • スポーツや事故による外傷

 

靱帯

まず膝蓋骨は、下には脛骨から伸びた膝蓋靱帯によって引っ張られ、上には大腿直筋によって斜め上方に引っ張られて、膝の部分に止まるようになっています。ジャンプして着地した時などには、この大腿直筋によって膝蓋骨は大きな力で引っ張られ、ショックを吸収します。

 

実はこの時に、膝蓋骨は外側に向かって横向きに引っ張られてしまうんですが、それを支えるのが内側膝蓋大腿靱帯というものです。膝蓋骨不安定症の原因となるのは、この内側膝蓋靱帯がゆるんでしまったり、切れてしまうことによって、膝蓋骨が不安定になり、動き回ってしまうことによります。このような状態になると、衝撃や力が加わると、膝蓋骨は外側に引っ張られ、脱臼しやすくなってしまいます。

 

また、内側膝蓋大腿靱帯が切れたりゆるんだりしてしまうと、膝蓋骨は外側に引っ張られることが多くなってしまいますので、膝蓋骨と大腿骨が接する部分の軟骨に無理な力が加わって、傷ついたり炎症を起こしてしまったり、痛みがでたりすることがあります。

 

膝蓋骨

本来、膝蓋骨と大腿骨は形がきちんと噛み合うようになっていて、軟骨でスムーズに動くようになっていますが、先天的にこの部分に異常があると、うまく噛み合わずぐらぐらしたり脱臼しやすくなったりします。膝蓋骨にこういった異常がある場合には、運動や軽い衝撃をうけただけでも脱臼してしまうことがあります。

 

スポーツや事故による外傷

膝の部分はもともと「く」の字形で体を支えていますが、女性に多い内股であった場合には、この「く」の字形の程度が大きく、ジャンプで着地した時などにはさらに内側に大きな力がかかって膝蓋骨が外れやすい状況になってしまいます。

 

同じように、事故などで膝に外側から大きな衝撃が加わった場合に、膝の「く」の字形の度合いは大きくなり、内側膝蓋大腿靱帯に無理な力が加わって、伸びたり切れたりしてしまいます。

 

 

膝蓋骨不安定症の検査と診断

 

膝蓋骨不安定症の診断には、レントゲン撮影とMRIが主に使用されます。レントゲン撮影では、通常膝関節を撮影するのとは別の角度からの撮影など、特殊な方法が必要になります。また、膝蓋骨と大腿骨の噛み合いやずれ、骨のすき間、靱帯の状態などはMRIで主に確認します。

 

膝蓋骨不安定症の診断や治療は、一般的な整形外科では経験が少ないために対応が困難な場合が多いと思われますので、関節の治療を専門に行っている医師の診断を受け、治療することをおすすめします。事前に医療機関のホームページで、関連する手術の件数や症例などを確認しておくといいでしょう。

 

 

膝蓋骨不安定症の治療法

 

膝蓋骨不安定症に対する治療は、まずは保存的治療で症状の改善を図りますが、それで症状の改善が難しい場合には手術という選択になります。

 

(1)保存的治療

膝蓋骨不安定症に対して行われる保存的治療は、筋力訓練とサポーターによる固定、運動制限による安静が中心となります。

 

  • 筋力訓練
  • サポーターの装着
  • 運動制限

 

膝蓋骨不安定症の場合に問題となるのは、靱帯が緩んでいるために膝蓋骨が外側に引っ張られてずれてしまうことです。リハビリテーションでの筋力訓練によって、この状態の改善を図りますが、その方法は、太ももの内側前面にある内側広筋という筋肉を鍛え、膝蓋骨を内側斜め上方に引っ張る力を強化し、膝蓋骨を外側に引っ張る力を和らげます。

 

しかし、膝関節に負担をかけたりすると逆効果になりますので、専門家の指導の下、膝に負担をかけない方法での筋力訓練を行う必要があります。始めてすぐには改善しませんが、継続していくことで筋力がつき、徐々に膝蓋骨が安定してきます。

 

そして、日常生活や運動中に膝蓋骨を脱臼してしまう危険がある場合には、サポーターを装着して膝蓋骨がずれるのを防止します。また、膝蓋大腿関節に痛みや炎症がある場合には、運動制限をして安静を図る必要があります。保存的治療は、これらの方法を組み合わせて行い、症状の改善を目指します。

 

(2)手術

保存的治療で改善しない場合や脱臼のリスクが高い場合、脱臼を繰り返すような場合には、手術が選択されます。手術には以下のような方法があります。症状によっては、これらを組み合わせたり、全て行う場合もあります。手術後にはリハビリテーションが必要になります。

 

  • 脛骨粗面前内側移行術
  • 内側膝蓋大腿靱帯再建術
  • 外側膝蓋支帯切離術

 

・脛骨粗面前内側移行術

脛骨粗面前内側移行術は、膝蓋靱帯が脛骨に付着している部分が先天的に外側にずれていて脱臼しやすい場合などに適応になります。膝蓋靱帯の付着部を骨ごと切り取って、内側の横方向にスライドさせてネジで固定する方法です。

 

・内側膝蓋大腿靱帯再建術

内側膝蓋大腿靱帯が切れてしまったり、極端に緩んでしまっている場合には、内側膝蓋大腿靱帯再建術が適応になります。大腿裏側にあるハムストリング腱を採取し、内側膝蓋大腿靱帯の代りに移植する手術です。

 

・外側膝蓋支帯切離術

膝蓋骨の外側にある組織の緊張が極端に強い場合には、外側膝蓋支帯切離術が適応になります。この手術が単独で行われることはあまり無く、ほとんどの場合に脛骨粗面前内側移行術や外側膝蓋支帯切離術との組み合わせで行われます。