膝蓋腱炎

膝蓋腱炎

 

膝蓋腱炎は、ジャンパー膝やジャンパーズニーとも呼ばれるスポーツ障害のひとつで、膝の使いすぎによって起こるオーバーユーズ症候群とされています。バレーボールやバスケットボールなどのジャンプする機会の多い競技や、サッカーなどのダッシュを繰り返すような競技を行う選手に多く発症します。

 

膝蓋腱炎が発症しても、初期のうちに安静にするなどの対処をしていれば回復は早いですが、ほとんどの場合に医療機関を受診するのは重症化してからのため、治療期間が長引き、治りにくくなってしまいます。

 

 

膝蓋腱炎の症状

 

膝蓋腱炎の主な症状は、膝蓋骨の下側に痛みや腫れが生じるというものです。初期の段階では膝蓋骨の下側あたりに違和感を覚える程度ですが、徐々に運動中や運動後に痛みを感じるようになります。

 

このような状態になっても治療をせずに競技やトレーニングを続けていると、痛みは慢性化してしまい、腫れがひどくなったり、歩いたりさわったりしただけでも痛みを覚えるようになります。

 

重症化すると、運動や日常生活に支障が出るほどになってしまいます。ひどい場合には、膝蓋腱が断裂したり、腱が骨に付着している部分で剥離骨折を起してしまう場合もあります。

 

 

膝蓋腱炎の原因

 

膝蓋腱は、大腿前面にある大腿四頭筋の末端にある腱で、大腿四頭筋が大腿四頭筋腱となって付着する膝蓋骨と、脛骨の上端をつなぐ腱です。膝蓋骨と共に、膝関節包を補強する役割があることから、膝蓋靱帯とも呼ばれています。膝を伸ばす動きでは、大腿四頭筋が収縮することで、それにつながっている膝蓋骨・膝蓋腱・脛骨が引っ張られて膝関節が伸びる仕組みになっているため、膝蓋腱にはとても大きな力がかかります。

 

ジャンプをするためには、まず膝を曲げて腰を落とし、大腿四頭筋を一気に収縮させながら全身を伸ばすという動きをするため、膝蓋腱が大きな力で引っ張られます。そして着地の時にも、膝を曲げて衝撃を受け止めるために大腿四頭筋は収縮し、膝蓋腱は大きな力で引っ張られ、衝撃を受け止めます。

 

膝蓋腱炎の主な原因となるのは、このようにしてジャンプや着地を繰り返し行うことであり、膝蓋腱が酷使されて小さな損傷や断裂が起こり、炎症を起して痛みや腫脹が発生してしまいます。膝蓋腱炎がジャンパー膝やジャンパーズニーとも呼ばれているのは、このように繰り返しジャンプを行うような競技をする選手に多く発生する障害だからです。

 

 

膝蓋腱炎の検査と診断

 

膝蓋腱炎の診断は、まずは問診や触診によって、膝を動かした時にどのように痛みが生じるかを確認します。特に重要な所見としては、うつ伏せに寝た状態で膝を曲げていくと痛みによって尻上がり現象が起こるというものがあります。

 

さらに、レントゲン撮影を行って膝蓋腱の石灰化や膝蓋骨の位置、剥離骨折が無いかどうかの確認を行います。必要があれば、超音波検査やMRI撮影を行い、膝蓋腱や周りの組織に異常が無いか確認します。オスグッド病などの症状の似た病気との区別のために、こういった検査を行うこともあります。

 

膝蓋腱炎は初期の頃にはレントゲンやMRIにも異常所見がほとんど無いことも多く、検査所見からの早期の発見はかなり困難であるという特徴があります。また、早期に発見すれば治療も簡単で治りも早いですが、医療機関を受診するのはほとんどが重症化してからとなっているのが現実です。

 

 

膝蓋腱炎の治療法

 

膝蓋腱炎の治療法は、症状がとても軽い場合には、ストレッチで大腿前面の筋肉を良くほぐしてから運動するようにし、運動後には必ずアイシングを行うようにします。また、サポーターや装具などで膝蓋腱にかかる負荷を軽減することも有効です。初期の段階では、痛みに応じて安静にしつつ、回復を待つといったことが中心になります。

 

痛みが強い場合には、ジャンプなどの運動はしばらく中止します。膝や股関節のストレッチもとても有効ですが、できるだけ大腿前面の筋肉や股関節を伸展しつつ、痛みを感じる手前まででやめることが大切です。痛みが強い場合には、消炎鎮痛剤の服用や湿布の貼付などで痛みと炎症を軽減します。

 

運動や日常生活に支障をきたすほどの症状であれば、運動やトレーニングは完全に中止して安静にします。腱の損傷や断裂が起こっている場合や、腱の付着部に剥離骨折がある場合などには、手術が必要になることもあります。

 

 

膝蓋腱炎の予防と再発防止

 

大腿四頭筋が収縮する力を全て受け止める膝蓋腱の負担を減らすには、大腿四頭筋が緊張して硬くなっているのをほぐす必要があります。大腿四頭筋を鍛えて強くすること、ストレッチによってこの筋肉をほ柔軟性をすることは、とても有効な予防法となります。

 

再発の防止には、運動の前後には必ずストレッチを行って筋肉の柔軟性を保つようにし、運動の後にはアイシングを行いましょう。股関節を柔軟にするためのストレッチも予防や再発防止には有効です。膝蓋腱炎を起したことがある場合には、サポーターやテーピングなどで膝を保護し、痛みを感じたら無理をしないことも大切です。

 

膝蓋腱炎を予防したり、早期に対応して重症化を防ぐには、スポーツの現場で指導している方が膝蓋腱炎に対する正しい知識を持ち、選手の状態に応じて正しい対処ができるようになる必要があります。