鵞足炎

鵞足炎

 

鵞足炎は、大腿裏にある縫工筋、薄筋、半腱様筋という三つの筋肉の腱が脛骨内顆のあたりに付着している「鵞足」と呼ばれている部分に起こる炎症のことです。サッカーやバスケットボールなどの、走りながら方向転換を行うことが多いスポーツの選手に起こりやすい障害です。

 

また、X脚の人もこの部分に負荷がかかりやすく、鵞足炎になりやすいと言われています。鵞足炎は一旦なってしまうと、なかなか治らなかったり再発を繰り返したりしやすいため、早期の治療や再発防止の取り組みが大切です。

 

 

鵞足炎の症状

 

鵞足炎の主な症状は、膝の内側から膝下にかけて痛みや腫れが出るというもので、痛みを感じるのは、膝を動かした時や運動をした時や、患部を押した時などです。階段や坂道の昇り降りでは特に痛みが強く出るため支障をきたすようになります。

 

初期の段階では運動した時に痛みを感じるだけですが、重症化すると動かさなくても傷むようになり、日常生活にも支障が出るようになってしまいます。鵞足炎は、重症化するとなかなか治りにくく、再発もしやすいため、早めに治療を開始することと、完治するまでしっかりと治療することが大切です。

 

 

鵞足炎の原因

 

鵞足炎の原因は、鵞足を構成する縫工筋腱、薄筋腱、半腱様筋腱が、その下にある内側側副靱帯や骨と擦れて摩擦によって炎症を起こすためと考えられていますが、医学的にもまだはっきりと原因は解明されていません。そして、同じ運動をしている人が全て鵞足炎になるわけではありません。

 

鵞足は膝下の内側にある脛骨内顆のあたりにあり、縫工筋腱と薄筋腱、半腱様筋腱が付着している部分です。3本の腱の付着部の形がガチョウの足に似ていることからこのような名前で呼ばれていますが、この部分には腱が集中しているため、膝の屈伸によってとても強い力がかかります。

 

急な方向転換や、脚を後方に蹴りだす動きを繰り返すことによって鵞足に負荷がかかりますので、こういった動きを繰り返す、サッカーやバスケットボール、陸上競技、水泳の平泳ぎなどの競技を行う人に鵞足炎は多くみられます。鵞足炎は使いすぎによる、いわゆるオーバーユース症候群ですが、単純な使いすぎというよりも、無理な姿勢や動作フォームによって、縫工筋や薄筋、半腱様筋が緊張し硬くなってしまうことでこの部分に負荷がかかり、炎症を起すためと考えられます。

 

身体的特徴としては、X脚の人や、着地した時に足が外側を向く回内足の人は、鵞足に負担がかかりやすいため、鵞足炎になりやすいです。また、足に合っていない靴を履き続けることも鵞足炎の原因になると言われています。

 

 

鵞足炎の検査と診断

 

運動時や押さえた時に鵞足部に痛みがある等、特有の症状がある場合に鵞足炎と診断されます。診断には必要に応じてSLRテストや膝関節外反ストレステスト等も行い、疼痛があるかどうかチェックします。

 

鵞足炎はレントゲン撮影での有意な所見は期待できませんが、内側側副靱帯炎や脛骨内顆部の疲労骨折などの鵞足炎と症状が似て判別が困難な疾患もありますので、必要があればレントゲン撮影やMRI撮影を行い、これらとの識別を行います。

 

 

鵞足炎の治療法

 

鵞足炎の治療は、軽症であれば数週間ほど膝をあまり動かさないよう安静にするだけで炎症が治まり、自然に治ります。痛みが強い場合には、アイシングや消炎鎮痛薬の湿布を貼付したりして炎症を鎮めます。痛みが治まって来たら徐々にストレッチなどを行い、緊張した縫工筋、薄筋、半腱様筋をほぐすことも効果的です。

 

また、鵞足炎は急性期と慢性期とでは治療法方が違いますので注意が必要です。急性期にはテーピングやアイシングが効果的ですが、慢性期になるとこれらの方法は逆効果となってしまいますので、慢性期には患部を温めたり、筋肉をしっかり動かして柔軟にすることが大切です。

 

鵞足炎の特徴は再発しやすいことでもありますので、あせらずにしっかりと治療することが大切です。治療期間には決して無理をせず、サポーターやテーピングで患部を保護しますが、運動をする場合にはその前後にしっかりとストレッチを行って筋肉をほぐしてから行う必要があります。運動後にはアイシングをしたり、痛みが出たらすぐに運動を中止することも大切です。

 

 

鵞足炎の予防と再発防止

 

鵞足炎は、再発を繰り返したり、なかなか治らないというケースも多い障害ですので、治ったと思っても油断しないことが大切です。オーバーユースを避け、痛みが無くても運動前後のストレッチをしっかりと行い、筋肉をほぐして柔軟さを保つことを心がけましょう。

 

競技を行っている人は、自分のフォームを見直して、体に無理がかかっている部分を改善したりすることも大変重要なことです。なかでもステップ動作では、ニーインアウトになることを避ける練習を行うことで鵞足部分への負担を減らすことができ、効果が期待できます。

 

X脚の傾向がある人については、足底版(インソール)を用いて修正し、鵞足への負荷を軽減する方法もあります。身体的な負荷については専門家に相談しながら解決すること、ストレッチや運動等は決して無理をせず徐々に始めることが大切です。