オスグッド・シュラッテル病

オスグッド・シュラッテル病

 

オスグッド・シュラッテル病は、10歳から15歳という成長期に発症するスポーツ障害として知られています。特に、陸上やサッカー、バレーボール、バスケットボールなどのジャンプやダッシュを繰り返し行うような競技で起こりやすくなります。

 

スポーツに熱心な少年少女に多く発症し、一度悪化するとなかなか治らないため、早期に治療を行うことが大切です。また、少年少女がスポーツを行ううえで、特有の成長期の身体の特徴や、オスグッド・シュラッテル病についての知識を持つことはとても大切なことです。

 

 

オスグッド・シュラッテル病の症状

 

オスグッド・シュラッテル病の症状は、膝のすぐ下にある、膝蓋靱帯が脛骨に付着する部分に出現する痛みです。この部分に「ぽっこり」と出っ張りがあるのがオスグッド・シュラッテル病の特徴です。

 

オスグッド・シュラッテル病の症状には、走ると痛いという程度から、膝が全く曲げられないような状態まで、かなり個体差があります。ひどい時には脛骨粗面の剥離骨折を起してしまうケースもありますので、悪化しないよう早めに治療することが大切です。

 

また、10歳から15歳というこの時期の痛みは成長痛と片付けられてしまって、きちんと治療をせずに放置されてしまうケースが多いようです。治療が遅れるとその分治療が困難になってしまうこともありますので、オスグッド・シュラッテル病と思われる症状がある場合には、きちんと医師の診断を受けましょう。

 

 

オスグッド・シュラッテル病の原因

 

オスグッド・シュラッテル病が発症するのは、大腿四頭筋という大きな筋肉が膝蓋骨を通して脛骨に付着する、膝の皿の下の部分です。成長期にある10歳〜15歳の少年少女の場合、この部分は成長期に柔らかい骨から硬い骨に変わっていく時期にあるため、とても不安定になってしまうことがあります。

 

さらに成長期では、骨の成長のピークと筋肉の成長のピークにはズレがあって、骨の方が先に成長のピークを迎えると言われています。そのため、骨の成長に追いつけない筋肉は、一時的に引っ張られた状態になってしまうため、この時期には同じ運動をしても筋肉の付着部にかかる負荷が大きくなってしまいます。

 

このような状況で過剰な運動を行ってしまった場合、膝蓋靱帯が付着している部分にはとても大きな力が加わってしまうことになり、弱くなっている骨組織は耐え切れず、オスグッド・シュラッテル病の症状である、炎症を起して膨らんだり、痛みが生じたり、軟骨が剥離してしまうということが起こってきます。

 

 

オスグッド・シュラッテル病の検査と診断

 

オスグッド・シュラッテル病の診断にはレントゲン撮影が行われます。画像より骨端核の乱れや剥離像が確認できます。また、問診や触診により痛みが発生する状況や、患部の状態を確認します。必要であればMRIの撮像を行い、靱帯や骨の状態を詳しく調べて治療方針を決定します。

 

 

オスグッド・シュラッテル病の治療法

 

オスグッド・シュラッテル病の治療は保存的治療が中心となります。まずはしっかりとアイシングを行って患部の炎症を抑えることが大切です。また、患部をテーピングや装具によって固定し、負担を軽減することも効果的です。安静にしても痛みや炎症が強い場合には、消炎鎮痛剤を服用して症状を鎮めます。

 

そして、このような治療を行いながら、しばらくは運動を中止して患部を安静に保ち、自然に治癒するのを待ちます。競技を続けながらではなかなか完治は難しいと言われており、できるだけ完全に中止して休養することが望ましいです。

 

最近では物理療法のレーザー治療による治療効果が報告されており、その効果や普及が期待されています。また、膝蓋靱帯付着部の剥離や変形が激しい場合には、手術による治療を選択する場合もあります。

 

 

オスグッド・シュラッテル病の予防

 

オスグッド・シュラッテル病の予防には、下肢の筋肉の緊張や関節の硬直をほぐして柔軟性を高めることが重要になります。特に、大腿前面の筋肉の緊張をほぐすことは、患部である脛骨祖面への負荷を小さくする効果がありますので、運動前後のストレッチは積極的に行いましょう。

 

膝関節だけでなく、股関節や足首の柔軟性を高めることも、オスグッド・シュラッテル病の予防には効果的です。膝ばかりに眼が向きがちですが、股関節や足首が硬いと膝への負荷が大きくなってしまいますので、柔軟体操を習慣にして関節の柔軟性を高めるように継続しましょう。さらに、下肢の筋力トレーニングを行うことも有効ですが、注意点としては、どちらも痛みを感じない程度に継続して行うことが大切です。

 

また、意外に思われるかもしれませんが、身体の姿勢を正しくすることや体幹を鍛えることも、大腿四頭筋や膝蓋靱帯への負荷に影響してきます。不自然な姿勢で行う運動や様々な活動は、正しい姿勢で行うものよりも膝への負荷が大きく、それだけ発症のリスクを高めてしまうことになります。正しい姿勢を身に着けたり体幹を鍛えるために専門家の指導を受けることは、オスグッド・シュラッテル病予防のためにとても有効です。