タナ障害(タナ症候群)

タナ障害(タナ症候群)

 

膝の痛みの原因のひとつに「タナ障害」または「タナ症候群」と呼ばれるものがあります。膝の屈伸を繰り返したり、打撲を伴うようなスポーツを行う人に起こりやすい障害です。また、タナ障害は10代から20代の若い世代に多く、男性よりも女性に多く発症します。

 

膝に生じる他の障害と同様に、重症化すると治療が長引くことになりますので、早期に治療することが大切です。タナという組織は約半数強の人に存在する組織で、人によって形状も違うため、発症する確立が生まれつきの体質に大きく左右される障害です。

 

 

タナ障害の症状

 

タナ障害の症状は、膝の屈伸時に起こる痛みや違和感というもので、ひっかかるような感じや挟まるような感じ、「パキン」という音を伴うことがあります。立ち上がろうとした時、膝に何かが挟まっているような感じがする、膝の皿のあたりが重苦しい感じがするなど、人によって感じ方も様々です。

 

タナ障害は、痛みや違和感を放置したままスポーツを続けると、症状が悪化してしまうこともあります。ひどくなると安静にしていても膝が痛んだりする場合もありますので、症状が軽いうちに治療を開始することが大切です。

 

タナ障害は、膝の屈伸時に痛むことや部位もほぼ同じことから、半月板の損傷とどちらか判別がつきにくい場合もあります。タナ障害は、重症であっても切除すれば元通りにスポーツができる障害なので、きちんと診断して治療を行うことが大切です。

 

 

タナ障害の原因

 

タナ障害の原因は、膝関節包の中にある「タナ」と呼ばれる滑膜ヒダが、膝蓋骨と大腿骨の間に挟まれて炎症を起すことによって発症します。タナという部位そのものは正常な構造であり、その存在自体に問題はありませんが、タナが何らかの原因で炎症を起すことによって、違和感や痛みが生じるようになります。

 

なかでも原因として多いのは、スポーツなどで繰り返し負荷がかかることによって、膝関節の中で膝蓋骨と大腿骨との間に挟まれたり擦れたりすることで、タナが肥厚化したり瘢痕化したりすることによる発症です。

 

体質的に、元々タナが厚かったり大きかったりする人にはタナ障害が起こりやすく、膝を酷使したり打撲したりしたことがきっかけで発症することがあります。太ももの筋肉が疲労して緊張している状態もタナに負荷がかかりやすく、発症の原因のひとつとなります。

 

タナという部位は、正確には滑膜ヒダという組織で、お母さんのお腹の中にいる胎児の時期に一時的に作られるものです。そのため、タナが無い人も半数近くいて、タナ自体は特に何の役割も持たない組織と言われています。

 

タナがある人も、その形状は人によって様々であるため、大腿骨にかぶさるような形状の場合、パチンという音が出たり、挟まったりしやすくなります。このような生まれつきの形状によってもタナ障害の起こりやすさは違ってきます。

 

 

タナ障害の検査と診断

 

タナ障害の診断は、まずは問診と触診を行いますが、膝の内側にあるタナの部分に親指をあてて膝を曲げ伸ばしする方法によって、弾発現象が起こるかを確認することで発見できます。さらに、MRI撮影を行うことで、膝蓋骨と大腿骨との間に挟まっているタナを確認することができますので、肥厚化などの状態も確認することが出来ます。

 

タナが膝蓋骨と大腿骨の間に挟まっていること自体は異常ではありませんので、MRI撮影でも半月板損傷との判別がつかない場合もあり、半月板損傷と判断し関節鏡での治療を試みて初めてタナ障害と診断されるケースもあります。

 

 

タナ障害の治療法

 

タナ障害は、軽症であれば痛みが生じるのはタナが引っかかった時だけですので、ほとんどの場合に経過観察で様子を見ます。大抵の場合、スポーツを中止して安静にすることで症状が改善しますが、必要に応じてアイシングや消炎鎮痛剤の服用、湿布の貼付といった対症療法を行います。通常であれば、1ヶ月から2ヶ月程度で炎症はなくなり治癒します。

 

数ヶ月立っても痛みや違和感が軽減しなかったり、常に引っかかりを感じる、スポーツや仕事を行ううえで支障が出るなどの状態でであれば、手術による治療を選択します。手術は膝の関節内に関節鏡を差し入れてタナを切除する方法を行いますので、傷口も小さく数日で普通に歩けるようになります。

 

元々タナは無い人もいる組織であり、切除しても何の問題もありませんので、半月板のような重要な役割を持っている組織と違って、切除後に他の障害が発生する心配もなく、スポーツも元通り行うことが出来ます。そういう意味では手術によるリスクも小さいと言えますが、感染症などのリスクについては他の疾患と同様です。

 

 

タナ障害の予防法

 

タナ障害の予防や再発防止に役立つのは、膝の周りの筋力強化と、ストレッチ等による柔軟性のアップです。こういったトレーニングを普段から行うことで、タナの摩擦が起きにくくなる効果が期待できます。

 

また、膝の冷えは周りの筋肉の硬直をまねき、炎症が起こるリスクが高まりますので、サポーターなどを使用して膝の冷えを防ぐことは、タナ障害の予防に効果的です。