変形性膝関節症

 

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨や半月版が摩り減ったり無くなったりすることによって、関節内の骨が削れたり変形して強い痛みを生じる病気です。特に高齢の女性に多く、膝の痛みを訴える人の中で最も多いのがこの変形性膝関節症です。

 

実に日本国内で700万人もの人が変形性膝関節症の患者だと言われています。このように多くの人が悩む病気ですが、年齢のせいだから仕方がないとあきらめている人も多くいらっしゃいます。適切な治療を受けるためにも、まずは変形性膝関節症についてしっかりと知ることが大切です。

 

 

変形性膝関節症の症状

 

以下の症状が変形性膝関節症の代表的なものになります。

 

代表的な「膝の痛み」

変形性膝関節症の症状で代表的なものといえば、やはり膝の痛みです。病状が進むにしたがって、階段の昇り降りなどで痛むようになり、特に階段を降りる時に強い痛みが生じるようになります。

 

初期の状態では動作の始めに痛むことが多く、病状が進んでくると動作中にも痛みを感じるようになってきます。さらに病状が進むと、痛みで歩行も困難になってしまうことがあります。

 

膝関節の可動域が狭くなる

痛みの他には、膝を曲げたり伸ばしたりという関節の動く範囲が狭くなる症状があります。膝関節に炎症を起こしたり、関節液が溜まるといったことにより膝の形が変わってきたりします。関節液が溜まることによって稼動域が狭くなった場合には、関節穿刺をして液体を抜くことで改善しますが、進行すると骨の変形や組織の拘縮などによって改善が難しくなります。

 

膝関節が変形する

膝の骨そのものが破壊されていくと、膝関節にも大きな変形を伴ってくることがあります。このような状態になると、歩行時に膝関節がぐらついたり、強い痛みが伴うようになることも多くあります。

 

 

変形性膝関節症の原因

 

変形性膝関節症の原因は大きく分けると2つあります。「一次性関節症」と「二次性関節症」です。

 

一次性関節症

一次性の膝関節症にはさまざまな要素が関係しています。たとえば「遺伝」です。ある調査によると、家族に変形性膝関節症で悩まされている人がいる場合、高確率で同じ痛みがでるという結果になりました。

 

また、この病気は高齢者や女性に多いのが特徴ですが、それは筋肉量に関係しているのでしょう。年齢とともに筋力が弱くなると、関節にかかる負担が大きくなります。軟骨もすり減り、痛みが起きやすくなります。関節に負担がかかりやすい太っている人や、同じ動作を繰り返す仕事やスポーツをしているとなりやすくなるようです。

 

二次性関節症

二次性の膝関節症は、他の病気が原因で起こります。関節リウマチ、骨折、靭帯や半月板が損傷してしまった等、関節にかかわる病気をわずらうと変形性膝関節症も併発する危険性が高まります。

 

O脚も変形性膝関節症になりやすい要因と言われており、内側の半月板と軟骨に強い負担がかかるため、摩り減りやすくなります。そして実は、半月板や軟骨には神経が無いため、痛みを感じないということも変形性膝関節症を悪化させる要因となっています。

 

したがって、痛みを感じるような変形性膝関節症というのは、比較的症状の進んだ状態と言えます。痛みが無いからと油断していると、いつの間にか症状が進んでいたということも大いにあり得ることなので注意が必要です。

 

 

変形性膝関節症の検査と診断

 

変形性膝関節症の診断は、問診や視診、触診、そしてエックス線撮影などにより行います。主にこれらによる情報から総合的に判断しますが、必要に応じて他にも関節液検査や血液検査、CTまたはMRIなども行う場合があります。

 

例えば、感染性の関節炎やリウマチ等との識別には関節液検査や血液検査が診断のための有効な材料となります。また、骨の病気が疑われる場合にはCTによる画像が有効ですし、骨の周りの半月版や靱帯などの組織を詳しくみるためにはMRIが有効となります。

 

変形性膝関節症と症状がよく似ている疾患としては、慢性関節リウマチや痛風、大腿骨内側顆骨壊死、結核性膝関節炎、半月板損傷などがあります。こういった疾患との判別をしっかりと行い、正確な診断をしてから治療を行う必要があります。整形外科のなかでも膝関節を専門とする医師に受診することをおすすめします。

 

 

変形性膝関節症の治療法

 

変形性膝関節症の治療には、大きく分けて保存的治療と外科的治療とがあります。

 

(1)保存的治療

まず最初に行うのは保存的治療になります。保存療法には以下のようなものがあり、これらを組み合わせて痛みや不自由さなどの改善をはかります。

  • 安静にする
  • 杖を使って膝への負担を軽くする
  • 減量して膝への負担を軽くする
  • 消炎鎮痛剤を服用する
  • 湿布など外用薬によって痛みを緩和する
  • 関節腔内注射でヒアルロン酸を注入する
  • 関節穿刺で溜まった関節液を抜く
  • 温熱療法、運動療法、筋力強化などを行う
  • 膝サポーターや足底装具などを用いる

 

(2)外科的治療

保存的治療を行っても改善が無く、日常生活に大きな障害となっている場合には外科的治療が適応となります。外科的治療といえば手術による治療になりますが、変形性膝関節症に対して行われている手術としては、以下のようなものがあります。

  • 関節鏡下手術
  • 高位脛骨骨切り術
  • 人工膝関節置換術

 

 

手術の特徴

 

以下、それぞれの手術の特徴をご紹介します。

 

関節鏡下手術

関節鏡下手術は、膝関節に小さな穴を開け、カメラを入れて行う手術です。変成した半月板や軟骨、骨膜、骨棘などの処理を行う手術で、変形性膝関節症がそれほど進行していない場合に適した手術です。

 

この手術の場合、生理食塩水を流しながら行う手術で感染症のリスクも少なく、患部のキズも小さいので短期間での退院が可能です。まれに短期間ですぐに再発するという場合もあります。

 

高位脛骨骨切り術

高位脛骨骨切り術は、比較的若い人を対象に行われることが多い手術です。O脚気味に変形が進んでいるものをX脚気味に矯正する手術になります。膝下の脛骨を切断し、断面の外側を一部切除して角度を変えるという大変大掛かりな手術となります。侵襲も大きく、長期間の入院とリハビリが必要になります。その一方で、治癒後はスポーツや重労働も可能になるなど、メリットも大きい治療法です。

 

人工膝関節置換術

人工膝関節置換術は、悪くなった関節面を削り、人工関節に置き換える手術です。人工関節は、大腿骨部と脛骨部の本体が金属で、その表面と膝蓋骨部はプラスチック、セラミックなどでできています。膝関節を切り開き、腱や靱帯を引き剥がして骨の悪い部分を全て取り除き、人工関節に置換するという、とても侵襲の大きな手術となります。膝の痛みはほぼ取れて、1ヶ月程度で退院できる等メリットは大きいですが、膝の曲がる角度が狭くなり、正座できなくなるといったデメリットもあります。

 

人工関節の耐用年数は、およそ15年〜20年と言われていますが、再置換術は大変難しいものとなります。そのため、人工膝関節置換術は60歳以上の方に対して行われることが多く、なかでも変形がひどく日常生活が困難などの場合に選択されます。

 

人工膝関節置換術には、人工膝関節全置換術と人工膝関節単顆置換術とがあります。膝関節の片側のみが摩り減って変形している場合などには人工膝関節単顆置換術が選択され、侵襲も少なく患者さんへの負担はその分少なくなります。

 

 

複数の選択肢がありますが、こういった膝関節の手術を受ける場合には医師の技量によって手術結果や手術後の生活に大きく差が出ます。良い治療を受けるためには、手術件数が多く経験豊富な医師と医療機関を選択することが大切です。