離断性骨軟骨炎

離断性骨軟骨炎

 

離断性骨軟骨炎は骨端炎とも呼ばれ、膝関節や肘関節、股関節に起こることの多い骨端症の一種です。離断性骨軟骨炎は成長期である10代の男性に多く発生し、骨の端や突起部が骨壊死を起してしまう疾患です。

 

特に膝関節や肘関節に起こりやすく、悪化すると関節内に剥がれ落ちた骨軟骨片が遊離して様々な障害を起します。痛みを我慢して運動を続けていると骨破壊が進み、それだけ治療が難しく長期化してしまいますので、早めに治療することが大切です。

 

 

離断性骨軟骨炎の症状

 

離断性骨軟骨炎の症状は、痛みと関節の可動域の制限です。最も症例の多い膝関節では、初期には関節に軽い痛みを感じる程度ですが、病状が進むと痛みが強くなり、走ったり階段の昇り降りをすることが困難になります。また、さらに悪化して軟骨が剥がれ落ちて関節内に遊離するようになってしまうと、関節の曲げ伸ばしの時に引っかかりや違和感を覚えたり、可動域が狭くなったり、ひどい時には関節がロックしてしまいます。

 

膝関節の次に多く発症するのが肘関節です。野球肘やテニス肘、ゴルフ肘とも呼ばれるのかそうで、正式には部位によって上腕骨外側上顆炎や上腕骨内側上顆炎と診断されます。これらも離断性骨軟骨炎のうちのひとつであり、症状が進行して遊離体(関節ねずみ)を生じると、激しい関節の痛みと運動制限が起こります。

 

 

離断性骨軟骨炎の原因

 

離断性骨軟骨炎は、血行障害によって軟骨の下にある骨が壊死してしまうことによって起こります。土台となる骨が壊死してしまうことによって、その表面にある軟骨が荷重に耐え切れずに破壊されてしまいます。悪化すると軟骨片が割れて剥がれ落ちてしまい、関節を自由に動かすことが困難になってしまいます。

 

関節の軟骨組織は、正常な状態であればすり減ったりしないほどの強度と滑らかさを持っていますが、土台部分の骨が壊死することによって破壊されてしまいます。また、軟骨組織には血管がつながっておらず、修復に必要な栄養などが補給されない環境であるため、ケガなどで損傷してしまうと、成長期以外は自然に治ることがほとんど期待できません。

 

好発部位としては、膝関節内・大腿骨内側顆の顆間窩寄り関節面が挙げられます。10代の男性で、ジャンプを多く行うような競技のスポーツ選手に多く発生することから、スポーツなどで繰り返しストレスがかかることや外傷などによって、軟骨の下の骨に負荷がかかることによって起こると考えられていますが、今のところはっきりしたメカニズムはわかっていません。

 

 

離断性骨軟骨炎の検査と診断

 

離断性骨軟骨炎の診断には、レントゲン撮影の他、CTやMRIの撮像を行い、軟骨やその下の骨の状態を確認します。初期の状態ではレントゲンでの異常所見がわかりにいため特殊な方向からの撮影を行います。病状が進むと、円形や楕円形の将来遊離体となる像を確認できるようになります。正確な診断にはCTやMRIが必要になります。

 

 

離断性骨軟骨炎の治療法

 

離断性骨軟骨炎の治療には保存的治療と手術とがあり、患者の状態によって選択します。自然に治癒することが期待できるようであれば保存的治療を選択しますが、治療効果が得られなかったり期待できない場合には手術を選択します。

 

 

(1)保存的治療

成長期で骨軟骨片が安定しているような状態であれば、ある程度の修復が期待できますので、できるだけ加重をかけないよう安静にして自然に治癒するのを待ちます。痛みや炎症に対しては、消炎鎮痛剤を服用したり湿布薬を貼付して症状を和らげます。

 

(2)手術

保存的治療で効果がみられない場合や、骨軟骨が欠損している場合などには手術を選択します。手術には以下のように様々な方法がありますが、患部の状態などによって最適なものを選択します。

 

@関節鏡視下でのドリリング

関節鏡を用いて、患部に1ミリ程度の穴を数箇所空ける方法で、マイクロフラクチャー法とも呼ばれ、軟骨組織の下にある骨髄を刺激して軟骨組織の再生を促します。軟骨組織の損傷が比較的小さい場合や、骨軟骨片が浮き上がっていてもまだ遊離していない場合には、この方法での治癒が期待できます。

 

A遊離した骨軟骨片の再接合術

この手術は、軟骨が剥がれ落ちて遊離してしまった状態で、骨軟骨片の状態が良く再接合が期待できる場合に選択します。遊離した骨軟骨片を病巣部に戻し、吸収性のピンや骨釘で固定する方法です。

 

B自家骨軟骨移植術

遊離した骨軟骨片の損傷や変性がひどい場合には、自家骨軟骨移植術が選択されます。軟骨が剥がれ落ちて欠損下部分を遊離した骨軟骨片で補修することができないため、患者自身の別の部位から骨軟骨片を採取して移植します。移植用の骨軟骨は、関節内の副作用を起しにくい部位(大腿骨滑車部)から円柱状に骨ごとくりぬいて採取し、患部にも同じように穴を開けてそこに移植します。

 

C自家培養軟骨による治療

軟骨が広範囲に欠損している場合には、患者自身の軟骨を採取して培養し、必要な大きさにまで成長してから移植します。この方法によって、今まで治療が困難であったような重症の離断性骨軟骨炎に対しても手術によって治癒が期待できるようになりました。これは、平成25年4月より保険適用になった新しい治療方法です。