風邪の関節痛の原因と対策

風邪の関節痛の原因と対策

 

皆さんも人生の中で何度となく「風邪」をひいたことがあるでしょう。そして、風邪をひいた時に関節に痛みを覚えたことはありませんか?

 

悪いウイルスにでも感染したかな?と思うかもしれませんが、実は厳密には別の原因によって関節痛を引き起こしているのです。

 

 

風邪の関節痛の原因

 

免疫機能による

風邪の際の関節痛の原因は、「プロスタグランジンE2(PGE2)」という物質によって発生しています。

 

この物質、風邪の際に発生するということは風邪の原因となるウイルスが発生させていると思うかもしれませんが、実はこの物質を発生させているのは私たちの体の中の免疫細胞なのです。

 

自己防衛のため

なぜ、ただでさえ風邪で弱っているところに追い打ちをかけるかのように関節痛を引き起こす物質を発生させるのでしょうか?

 

それは体をウイルスから守るためにあります。プロスタグランジンE2には発熱作用があり、これによって免疫細胞がウイルスを駆除する準備をしています。

 

関節の痛みで回復を促進

関節が痛む時に皆さんはむやみに動き回るでしょうか?

 

痛みの程度にもよりますが、あまり動き回らないのではないでしょうか。ウイルスとの戦いに免疫細胞は多大なエネルギーを必要とするため、動き回られると免疫細胞に十分なエネルギーを回すことができません。関節痛の原因は、ウイルスを素早く駆除するための措置でもあるのです。

 

 

関節痛への対策

 

風邪を治す

風邪の際に関節痛が発生するのは、逆に言えば体内の免疫細胞がきちんと機能している証拠でもあります。関節痛の原因物質は体内の免疫細胞が作り出していますが、そもそもの原因は私たちの体内に侵入した風邪のウイルスによるものです。

 

つまり、風邪さえ治してしまえば関節痛も治るわけです。関節痛が辛いのであれば、安静にして水分を十分にとり、できるだけ早く風邪を治すことを心がければ良いのです。

 

解熱剤を服用する

関節痛がひどい場合には解熱剤を服用するのが有効です。解熱剤には鎮痛作用もあり、関節痛の他にも風邪の際の頭痛や筋肉痛も軽減してくれます。

 

治りが遅い場合

もし、風邪が治っても関節の痛みがなかなか治まらない時には、関節痛の原因が別に存在する可能性があります。特に特定部位のみ関節痛が発生している場合は関節症を発症していると考えられます。

 

 

膠原病(こうげんびょう)

 

膠原病は、体の免疫機能が過剰に働き、攻撃しなくて良いはずの自分の体を攻撃してしまう病気です。

 

これは、風邪の際の免疫細胞による関節痛が、ウイルスが体内に侵入していない状態でも常態化してしまう病気です。膠原病を含む自己免疫疾患の多くは、男性よりも女性の罹患率が高いのも特徴です。はっきりとした遺伝性や伝染性はありません。

 

病院に行くことも忘れずに

風邪の際の関節痛がおかしなことではないとは言え、痛みがひどい場合はそれだけ免疫細胞が機能しなければならないほどのウイルスを駆除しようとしていることになります。インフルエンザなどの比較的重い症状でも同様に関節痛は起こるのですから、症状が重い場合には病院へ行くことをお忘れないように。

 

もったいない、面倒だと病院へ行くことを渋ってしまうと、症状が重くなったあとになって莫大な医療費がかかることだって無いとは言い切れません。