温湿布と冷湿布。膝の痛みに効くのはどっち?

温湿布と冷湿布。膝の痛みに効くのはどっち?

温湿布と冷湿布。膝の痛みに効くのはどっち?

 

ドラッグストアに行くと、さまざまな種類の湿布が売られています。膝の痛みに効くと書かれており、何よりも手軽な方法なので試したいと思うことでしょう。

 

しかし、かなりの種類があるのでどれが効果的なのだろうと思ったことはありませんか?この記事では、膝の痛みに効果的な湿布の使い方についてご紹介しましょう。

 

 

症状によって使い分ける温湿布と冷湿布

 

湿布にはさまざまなメーカーの商品がありますが、「温湿布」と「冷湿布」という2つのタイプに分けられます。

 

「温湿布」は貼った部分が温かく感じます。それとは逆に「冷湿布」はひんやりと冷たいのが特徴です。

 

では、膝の痛みにはどちらの湿布が良いのでしょうか?これは多くの人が悩むポイントだと言えます。基本的には次のように使い分けることができるでしょう。

 

冷湿布

ぶつけた、ひねった、患部が腫れている、触ってみると熱くなっているという急性の腫れは、関節内部で炎症が起きています。炎症を鎮めるために冷やすほうが良いでしょう。捻挫や骨折は冷湿布を使ってください。

 

温湿布

慢性的な痛み、コリ、むくみという急性期を過ぎてじわじわと痛みが長引いている場合は、温湿布のほうが良いでしょう。血行が悪くなっており、関節付近で痛み物質がとどまっている可能性があるからです。患部を温めて血行を促進させましょう。

 

基本的には冷湿布と温湿布はこうした使い分けをしますが、間違った方を使ったからといって症状が急激に悪化することはありません。どちらかを試してみて痛みが良くならない場合には、もう一方の湿布を試してみるのも良いでしょう。

 

 

ずっと効き目があるわけではない

 

膝が痛くなったときに湿布を張って痛みを少しでもやわらげたいと思いますが、効果を高める方法はないのでしょうか?

 

まず温湿布の場合は血行を良くしてから貼ること。しっかりとお風呂に入り、関節や筋肉をほぐしておくと湿布の効果も高めることができるでしょう。

 

湿布は手軽に使える痛み対処法になるとはいえ、ずっと貼り続けていても効果はありません。長くても8時間程度で効き目はなくなってしまいます。夜寝るときに貼った場合は朝起きてから貼り直しましょう。

 

湿布を貼るとかぶれやすいという場合はどうすれば良いのでしょうか?実は湿布は肌に直接触れていなくても効果があるので、ガーゼを一枚挟んで貼ることもできます。そのときははがれてしまうので包帯などで固定してください。

 

 

温湿布とサポーターのダブルで保温

 

慢性的な膝の痛みの場合は温湿布の方が血行促進効果を期待できるので良いのですが、湿布とともにサポーターを使うという方法もあります。サポーターにはさまざまな種類がありますが、特に患部を暖める効果のあるサポーターと湿布を併用するのです。

 

特に寒い時期や、クーラーで冷えきった部屋にいると血行が悪くなって膝の痛みが悪化するというケースが少なくありません。湿布だけでなく、サポーターによっても膝を温めておくほうが痛みをやわらげるのに効果的です。

 

 

ドラッグストアで手軽に購入できる湿布。温湿布と冷湿布は使い分ける必要があります。痛みをやわらげる上で劇的な効果を得られるというわけではありませんが、すぐに試せて副作用の心配もない方法ですから一度試してみてください。