膝が痛い…膝の関節痛の原因

膝が痛い…膝の関節痛の原因

 

膝を痛めてしまうと歩くことにも支障をきたしてしまいますし、スポーツでは膝の曲げ伸ばしがなくては成立しないものが多いです。

 

日常生活にもスポーツにも支障をきたしやすい、膝の関節痛についてまとめてみました。

 

 

変形性膝関節症

 

膝関節軟骨の老化が原因

変形性膝関節症は、関節軟骨が年齢とともに弾力性を喪失し、膝の酷使によって軟骨がすり減り関節が変形する病気です。膝関節軟骨の老化以外にも、肥満や遺伝子も深く関わってきます。

 

また、膝の骨折や靭帯の損傷、化膿性関節炎の後遺症として発症することもあります。症状が進行すると安静時にも膝の痛みが治まらず、変形が目立つようになります。

 

女性の罹患率が高い

変形性膝関節症は女性の罹患率が高く、男女比は1:4とされています。特に高齢の女性や肥満体質の女性の罹患率が高くなっています。

 

手術が必要なケースも

変形性膝関節症は、症状が軽いうちは痛み止めの内服薬や外用薬によって膝の痛みを抑え、膝関節内にヒアルロン酸の注射を行って治療します。リハビリや温熱療法なども有効です。ただし、これらの治療法でも完治しない場合には手術を必要とすることもあります。

 

 

半月板損傷

 

半月板とは?

半月板は、膝関節の大腿骨と脛骨の間にある、アルファベットのCの形をした軟骨の板です。内側と外側にそれぞれ存在していて、クッションとスタビライザー(安定化装置)の役割を果たしています。

 

膝の動きに大きく関わる

半月板が損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に引っ掛かりを感じたり、痛みを伴います。症状が重い場合は膝に関節液が溜まったり、急に膝が動かなくなった(ロッキング)りします。歩行が困難になるほどの痛みを伴うこともあります。

 

保存的療法で改善しなければ手術が必要

半月板損傷はリハビリや抗炎症薬の処方などの保存的療法で症状が改善されることもありますが、改善しない場合には手術を必要とします。手術は切開術と縫合術の2種類があり、通常は関節鏡を用いた鏡視下手術を行います。

 

 

膝離断性骨軟骨炎

 

成長期の男性スポーツ選手に発症

繰り返して起こるストレスや外傷によって軟骨下の骨に負担が掛かり、血流障害によって軟骨下の骨が壊死して骨軟骨片が分離や遊離を起こす病気です。成長期のスポーツ選手にまれに起こり、男女比は2:1です。

 

スポーツに支障が出る

初期の段階では軟骨片は遊離を起こさず、運動時の不快感や鈍痛が起こる他は目立った症状はありません。しかし関節軟骨の表面に亀裂が生じると疼痛も大きくなり、特にスポーツで支障が出ます。

 

骨軟骨片が遊離を起こすと骨がずれる感覚や引っかかる感覚を覚えるようになり、膝の中で音を発するようにもなります。

 

安静にすれば治ることが多い

発症しやすいのが発育途中の男子であることから、安静にしていることで自然に回復することが多いです。そのため、症状が悪化する前に安静にして治癒を開始することで専門的な治療を必要としないことが多いです。

 

しかし遊離骨軟骨片の状態が悪く、骨の癒合が期待できない場合にはモザイクプラスティー(不可のかからない部位から自家骨軟骨片を採取して移植する)を行います。