足首が痛い…足首の関節痛の原因

足首が痛い…足首の関節痛の原因

 

負担がかかりやすく、事故での損傷もありえる足関節の痛み、放っておけば生活への支障は計りしれません。

 

そこで、足関節の痛みの原因についてまとめてみました。

 

 

足関節捻挫

 

足は捻挫しやすい

捻挫とはそもそもに関節にかかる外的な負担によって非生理的運動が生じ、関節を支えている靭帯や関節包が損傷を起こすことです。

 

実際に「捻挫」と聞くと足を捻ることを思い浮かべる人も多いですが、捻挫自体は手などの関節のある部位なら発症する可能性は十分にあります。

 

しかしながら、足には普段から体重がかかっており、それにプラスしてスポーツでの損傷や、日常においても段差などによって足の靭帯は損傷しやすいと言えます。

 

程度によって3段階に分かれる

捻挫と一言に言っても、靭帯の損傷の度合いによってレベルが分かれます。

 

靭帯が伸びる程度の損傷は「1度捻挫」靭帯の一部が切れてしまうほどの損傷は「2度捻挫」靭帯が完全に切れてしまった場合は「3度捻挫」に区分されます。

 

3度捻挫の場合は数週間の固定が必要だったり、場合によっては手術を必要とすることもあります。

 

 

足関節果部骨折

 

脱臼骨折

足関節果部骨折は、足関節を形成している骨のうち、脛骨(脛骨)か腓骨(腓骨)もしくはその両方が骨折を起こすことです。

 

跳躍や高いところからの転落によって足関節に強い負担がかかると、脛骨や腓骨が骨折を起こしやすくなります。骨折の程度にもよりますが、足関節の腫れと痛み、内反変形や外反変形、皮下出血を起こします

 

多くの場合は手術が必要

骨折のズレが生じていなければ保存療法で治療が可能ですが、多くの場合は手術を必要とします。仮に整復位が得られたとしても保持が困難である場合や不安定性が強い場合には関節内骨折であるため少しでもズレが生じていれば手術を必要とします。

 

骨折の際には靭帯の損傷や他の骨折なども複雑に絡んでくるため、どのような主靴を必要とするかはその都度異なります

 

 

距骨骨軟骨損傷

 

距骨の骨軟骨が剥がれ落ちる

足に捻挫が起きた際などのように足首に強い力が加わった際に距骨が脛骨や腓骨との関節面と衝突を起こし、骨軟骨が損傷します。距骨の一部に血流不全が生じ、関節軟骨を含む骨軟骨が一部剥がれ落ちてしまいます。

 

損傷の度合いによって生じる痛みも大きく異なります。

 

詳しい原因は不明

距骨骨軟骨損傷は捻挫などが大きな要因となりますが、明らかな怪我がなくても発症する可能性があります。また、スポーツ選手に多発しているため、慢性的なストレスが一因であるとされています

 

放置した場合、骨軟骨の破片が関節内に遊離して、激痛を伴ったり変形性足関節症の原因となる可能性もあります。

 

早期の対処なら手術は不要だが

外傷による距骨骨軟骨損傷を早期に対処できるのであれば、ギブスなどで幹部を固定することで治癒することもあります。

 

しかし、損傷から時間が経っている場合は手術を必要とすることが多いです。特に放置して長い場合は変形性足関節などを併発している可能性もあり、スポーツ選手の場合は選手生命を絶たれる可能性も否定できません。