肘が痛い…肘の痛みの原因

肘が痛い…肘の痛みの原因

 

肩や膝ほどではないかもしれませんが、肘だって関節である以上、関節に関わる病気を発症することはあります。

 

肘の関節痛を引き起こす原因についてまとめてみましたので、もし心当たりがあれば参考にしてください。

 

 

変形性肘関節症

 

肘の酷使が主な原因

変形性肘関節症は、肘関節を酷使することで発症します。

 

肘関節の酷使によって関節内骨折を起こしたり関節炎を起こすことが原因です。関節軟骨が摩耗して骨が関節面に露出したり、内側では過剰な骨の突起が発生して関節の動きを制限します。

 

また、骨の突起が遊離すると肘の動きを阻害する「ロッキング」の原因となることもあります。安静時にはほとんど痛みませんが、肘を動かすと痛みが強くなります。

 

日常生活に支障が出るか否か

日常生活に支障が出なければ温熱療法やリハビリなどの保存的療法が取られます。肘の可動域などが日常生活に支障をきたす程度であれば、可動域の改善と疼痛の軽減のために手術を行うことが選択されます。

 

 

上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)

 

通称「テニス肘」

上腕骨外側上顆炎は、一般的に「テニス肘」と呼ばれる症状の正式名称です。

 

中年以降のテニス愛好家に発生しやすい病気であるため、テニス肘という名称で呼ばれています。詳しい原因については解明されていませんが、年齢とともに肘の腱が損傷することで起こるとされています。

 

タオルを絞ると痛む

上腕骨外側上顆炎を発症すると、タオルを絞る動作をすることで肘の外側から前腕にかけて痛みを覚えます

 

また、物を掴んで持ち上げる動作でも痛みますが、安静時に痛みを感じることはほとんどありません。

 

保存療法が効かなければ手術を

まずは保存的療法から治療を開始します。スポーツや手を使う作業を控え、湿布や外用薬を使用します。

 

また、肘の外側に局所麻酔とステロイドの注射を行い、テニス肘用のバンドを装着します。これらでも改善しなかった場合には、切除術や肘関節鏡視下手術などの手術を行います。

 

 

野球肘

 

投球によって発症しやすい

野球肘は、文字通り野球選手に発症しやすい病気です。

 

投球の動作を繰り返すことによって肘への負担が重なることが原因であるため、投球回数の多い投手に発症しやすい病気でもあります。肘の外側で骨同士がぶつかり、軟骨が剥がれたり痛みを発し、内側では靭帯や腱が損傷します。

 

安静にしなければ手術が必要になることも

野球肘を発症した場合、肘の安静が重要です。

 

投球などもってのほかですが、痛みに耐えながら投球を続けることで症状が悪化し、場合によっては手術を必要とすることもあります。そのため治療の際にはスポーツへの復帰の時期も重要で、担当の医師の判断に従う必要があります。

 

 

肘内症(ちゅうないしょう)

 

大人は無縁の病気

肘内症は、5歳以下の子供に多く見られる病気です。子供は痛みを訴え、腕を下げたまま動かさなくなります。肘の靭帯から肘の外側の骨が外れかかることで発症します。

 

なお、骨や靭帯が発達する7歳以降にはほとんど見られないため、大人には基本的に無縁です。

 

原因は親?

さて、子供がそこまでの外傷を負うような事態となると、その多くは親が子供の手を引っ張った時に起こりやすいのです。

 

また、一度肘内症を発症すると再発しやすいため、整復後も油断せず、子供の手を強く引っ張るのは避けましょう。