運転は膝にも悪い。正しい運転姿勢を作り出すためのポイント

運転は膝にも悪い。正しい運転姿勢を作り出すためのポイント

運転は膝にも悪い。正しい運転姿勢を作り出すためのポイント

 

運転が膝の痛みの原因になることをご存知ですか?

 

腰が痛くなるのはわかるけど、膝ってあまり負担がかかっていないんじゃ・・・。と思われるかもしれません。確かに、仕事で車によく乗っている人のからだの悩みで特に多いのは腰痛。座っている体勢は腰に負担がかかるので当然痛めやすいでしょう。

 

しかし、運転をするときの「ある動作」が膝の痛みの原因となるのです。この記事では、膝に負担をかけない運転姿勢についてご紹介します。

 

 

ペダルを踏むという動作が膝の負担になっている

 

車を運転するときに、かならず行うことは、アクセルやブレーキの操作です。マニュアル車ならその2つに加えてクラッチ操作もあります。こうした操作はすべて左右の足で行います。足の動作で膝を伸ばすことになり、負担をかけてしまうのです。

 

特に、次のような運転姿勢だと膝への負担が大きくなります。

 

シートが後ろに下がりすぎている

ペダルを踏んだときに、足が完全に伸びきってしまうので膝がショックを吸収できなくなります。

 

シートを倒しすぎている

ハンドルの位置が遠くなり、前かがみになるという不自然な体勢が余計な関節や筋肉に負担をかけることになります。

 

もし、いつもこのようなシートの位置で運転をしているなら、今すぐにでも正しい位置に調整することをオススメします。

 

 

シートのポジションは「軽く曲がっている」がポイント

 

運転は腰だけでなく、膝にも負担がかかる行動ですが、膝の痛みをやわらげる方法があります。それは、「シートの位置を調整すること」。特に「軽く曲がった状態」を作り出しましょう。

 

まずはシートの位置です。背中がしっかりとシートに付くように深く座ってください。その状態で、ブレーキを踏んでみましょう。膝が伸びきってしまいますか?その場合、シートを少し前に移動させます。反対に、曲がりすぎる場合は後ろに動かしましょう。

 

続いて角度を調整しましょう。ハンドルを握った状態で肘は軽く曲がっていますか?もし伸びきっているならシートが傾きすぎです。軽く曲がる程度に角度を合わせてください。

 

 

クッションを利用して適したポジションを維持しよう

 

車の車種によっては、シートのクッションがとても柔らかい場合があります。ソファのようにからだが沈み込んでしまうと、腰が曲がり、膝が不自然な角度になって負担が増します。

 

もし、車のシートがそうしたタイプのものであれば、別にクッションを用意して下に敷くと効果的です。また、腰の位置に薄いクッションを挟んでおくと、背筋が伸びるのでより正しい運転姿勢を保つことができます。

 

 

運転を仕事にしている人によって、毎日の膝にかかる負担はかなりのものになります。膝が痛くなっても運転をやめるわけにはいきません。

 

そこで、毎日の運転姿勢を見なおして、負担をやわらげることを目標にしてみるのはいかがですか?

 

正しい運転姿勢は、膝だけでなく、腰痛予防にもなります。疲れにくいので長時間の運転にも良いでしょう。運転前のちょっとした一手間が快適なドライブにつながるのです。

関連ページ

膝の痛みを悪化させる?関節に過度の荷重をかける生活スタイルとは
膝の痛みには肥満が関係していた!?痩せなきゃと思わせるその関係とは
スリッパやサンダルが膝の痛みの「原因」になるって本当?
膝の痛みはハイヒールが原因?実は痛くならない歩き方があった
膝が痛くて家事がツラい。そんなときに見直すべき3つのこと
膝が痛いときは「歩き方」「姿勢」「脚の形」をチェックしてみよう
膝が痛くなるのは寝る姿勢にあった。負担の少ない寝方とは
膝が痛いときに気をつけたい「荷物の持ち方」とは
膝の痛みをやわらげたい。靴選びで失敗しない方法とは
足を組むのは膝の痛みの原因。やめるために意識したい3つのこと
膝が痛いときこそ「歩き方」を意識しよう。痛みを悪化させない歩き方とは
お酒と膝の痛みの関係は?からだの中では○○が不足している
膝痛には入浴?1日2回の入浴がもたらす効果とは
お風呂に「塩」を入れるだけで温熱アップ。血行促進で膝痛をやわらげよう
膝の痛みに必要な栄養素は?意外と知らないたんぱく質の大切さ
足のむくみは膝の痛み。その切っても切れない関係とは
膝の痛みには軟骨が関係している?その痛みもしかすると○○かも
女性の方が膝が痛くなるって本当?その理由は○○の違いにあった
骨を強くする「カルシウム」吸収率を高めるためには○○も一緒に摂るべき