膝の痛みをやわらげたい。靴選びで失敗しない方法とは

膝の痛みをやわらげたい。靴選びで失敗しない方法とは

膝の痛みをやわらげたい。靴選びで失敗しない方法とは

 

健康のためにウォークングをしたいけれど、膝が痛くなるのが心配・・・。せっかくの健康的な習慣を膝の痛みによってあきらめてしまうのはもったいないことです。

 

痛みをやわらげるには「自分にあった靴」選びが重要です。見た目で選びがちですが、ぜひ次の点をチェックしながら靴を選んでみましょう。

 

 

靴の「長さ」だけでなく「幅」も考えよう

 

靴のサイズは長さだけではありません。「EEE」というように記されている「ウィズ」つまり靴の幅も重要です。

 

いつもと同じサイズの靴を履いてみたけどなんだかぶかぶかな気がする、という経験はありませんか?そんな場合はウィズが違う可能性があります。

 

足の幅はひとそれぞれ違います。それに合わせて靴もさまざまなウィズがあるので、自分にあったものを選びたいところです。靴の専門店にいくと、自分の足のサイズを正確に計測してくれるところもあります。一度調べてもらうと良いでしょう。

 

また、靴のブランドによってウィズが決まっているということもあるので、自分のサイズにあった靴を作っているブランドを知っておくこともできます。一般的には日本のメーカーはウィズが広めで欧米のメーカーは狭い傾向があります。

 

 

歩いているときに足が動かないのが良い靴

 

靴を選ぶときに、サイズは重要ですが、フィット感も大切です。歩いているときに足が動いてしまうと、変な方向に力がかかり、関節への負担を引き起こすからです。

 

そこで、フィット感の良い靴を選ぶために次の部分をチェックしましょう。

 

つま先の余裕はあるか

つま先は余裕がありすぎても良くありませんが、全くないのも歩きにくくなります。指先が自由に動いて、曲げ伸ばしができる程度の余裕を持っておきましょう。

 

かかとをしっかりホールドしてくれるか

かかとの部分が広いと、歩いているときに自由にかかとが動いてしまいます。そこで、適度な硬さがあり、かかとの形状に作られているものを選ぶと良いでしょう。

 

夕方に靴を選ぼう

足の大きさは朝に目覚めたときと、夜寝る前ではかなり違います。ウォーキングするときの足の大きさを考えると、朝に買うよりも夕方の足のサイズで選ぶのがオススメです。

 

 

ショックを吸収する性能は必須

 

いくら自分の足にぴったりフィットしていても、地面から伝わるショックを吸収してくれないと、膝に負担がかかります。

 

特に、ふだんアスファルトや固い地面を歩くことのほうが多い日本人にとって、吸収性の良いクッションが入っている靴を選ぶことはかなり大切です。指で抑えて確認するだけでなく、店内を一周してみるとわかりやすいでしょう。

 

 

ウォーキングはダイエットにもなるのでオススメの運動です。膝の痛みに悩むことなく続けるには自分にあった靴選びが欠かせません。インターネットで買うほうが安いし種類も豊富かもしれません。

 

しかし、膝のことを考えると専門家のアドバイスが聞けたり、実際に履いて試せるお店で買うほうが良いでしょう。ひとつでも良いのでジャストフィットの靴を持っておきたいですね。

関連ページ

膝の痛みを悪化させる?関節に過度の荷重をかける生活スタイルとは
膝の痛みには肥満が関係していた!?痩せなきゃと思わせるその関係とは
スリッパやサンダルが膝の痛みの「原因」になるって本当?
膝の痛みはハイヒールが原因?実は痛くならない歩き方があった
膝が痛くて家事がツラい。そんなときに見直すべき3つのこと
膝が痛いときは「歩き方」「姿勢」「脚の形」をチェックしてみよう
膝が痛くなるのは寝る姿勢にあった。負担の少ない寝方とは
運転は膝にも悪い。正しい運転姿勢を作り出すためのポイント
膝が痛いときに気をつけたい「荷物の持ち方」とは
足を組むのは膝の痛みの原因。やめるために意識したい3つのこと
膝が痛いときこそ「歩き方」を意識しよう。痛みを悪化させない歩き方とは
お酒と膝の痛みの関係は?からだの中では○○が不足している
膝痛には入浴?1日2回の入浴がもたらす効果とは
お風呂に「塩」を入れるだけで温熱アップ。血行促進で膝痛をやわらげよう
膝の痛みに必要な栄養素は?意外と知らないたんぱく質の大切さ
足のむくみは膝の痛み。その切っても切れない関係とは
膝の痛みには軟骨が関係している?その痛みもしかすると○○かも
女性の方が膝が痛くなるって本当?その理由は○○の違いにあった
骨を強くする「カルシウム」吸収率を高めるためには○○も一緒に摂るべき