産後に膝が痛くなってきた。痛みの予防は妊娠中から始まっている

産後に膝が痛くなってきた。痛みの予防は妊娠中から始まっている

産後に膝が痛くなってきた。痛みの予防は妊娠中から始まっている

 

出産前は全く痛くなかったのに、赤ちゃんが産まれてから少しずつ膝が痛くなってきた・・・。産後にこうした膝の痛みに悩まされる人は少なくありません。

 

しかし、妊娠中は体重も増えているので膝への負担がかかるのは分かるのですが、なぜ産後に痛くなるのでしょうか?

 

 

育児には膝にかかる仕事がいっぱい

 

出産後に膝の痛みがでるケースは決して珍しいことではありません。この痛みの原因は主に2つ考えられます。

 

負担のかかる生活

赤ちゃんが産まれると、これまでに経験することのなかったような動作も増えてくるでしょう。例えば泣いている赤ちゃんを抱き上げてあやしたり、寝かしつけたり。どこにいくにも赤ちゃんを抱えることが多くなります。

 

妊娠中は家にこもりっきりになったりと安静にしていることが多いので筋力も落ちしまいがち。そんな状態だったのが、産後には動きまわらなければいけなくなり、膝関節に負担が集中してしまうのです。

 

ホルモンバランス

妊娠中は「ステロイドホルモン」という炎症を抑える働きのあるホルモンが分泌されます。その結果痛みの原因である炎症が抑えられていました。しかし、産後ホルモンバランスが変化することによって炎症が悪化し痛みが強くでるという場合があるのです。

 

 

膝に負担をかけない習慣をつけておこう

 

赤ちゃんが産まれると慌ただしい生活になるので、膝の痛みを抑えるためには妊娠中から生活習慣を見直すことが重要です。次のような点を意識しましょう。

 

姿勢を悪くしない

猫背や片足に重心を置くような立ち方をしていると膝への負担が大きくなります。自分ではわかりにくいので他の人にみてもらってください。

膝が痛いときは「歩き方」「姿勢」「脚の形」をチェックしてみよう

膝が痛くて家事がツラい。そんなときに見直すべき3つのこと

 

足を組む

これは無意識に行っている人が多いため、意識的に改善しなければいけません。たとえば、座る椅子を見直しましょう。深く腰掛けてもしっかりと両足が地面につくサイズを選ぶと良いでしょう。

足を組むのは膝の痛みの原因。やめるために意識したい3つのこと

 

「床に座る」生活を減らす

床に座るという日本的な生活スタイルはどうしても膝に負担がかかりやすいものです。椅子での生活を心がけ、和室でも座椅子や正座用の小さな椅子を使うと負担を減らすことができます。

椅子の生活を増やして膝への負担を減らそう

 

 

カルシウム不足は痛みをさらに悪化させる

 

産後の膝の痛みを少しでもやわらげるためには、食事の見直しをしてみましょう。実は、産後のお母さんは「カルシウム」が不足しがちになるのです。母乳として体外に出てしまうからです。

 

カルシウムが不足すると膝の動きを滑らかにするのに欠かせない「軟骨」が硬くなります。すると痛みがひどくなってしまう可能性が高まります。

 

それで、食事で十分なカルシウムを摂りましょう。例えば、乳製品、海藻、野菜にはカルシウムが多く含まれています。また、ビタミンDを同時に摂ると吸収率を良くしてくれるので、サプリメントなどを活用するのもよいでしょう。

 

 

産後は赤ちゃんを抱っこする機会も多いので、膝の痛みはツラいものです。痛みをやわらげるためには、妊娠中からの生活習慣の見直しに加えて、食事内容にも気をつける必要があります。痛みのない生活を目ざし、子育てに集中したいものですね。