急な膝の痛みは早めに治療したほうが良い!その理由とは

急な膝の痛みは早めに治療したほうが良い!その理由とは

急な膝の痛みは早めに治療したほうが良い!その理由とは

 

膝の痛みは「軟骨のすり減り」によるものが多く、基本的には少しづつ痛みが進行していくのが特徴です。しかし、中には突然激痛に襲われることもあります。その場合は、「関節水腫」かもしれません。

 

 

突然の痛みは膝に水がたまっているのかも

 

膝の痛みと一言でいっても、傷んでいる部分によって症状もさまざま。関節水腫が原因である場合は、次のような症状があります。

 

  • 膝が腫れている、だるく感じる
  • 膝のお皿を指で押すと、ぶよぶよとした感覚があり何かがあるような感じがする
  • 突然膝が動けないほど痛くなる

 

関節水腫は膝に関節液が貯まっている状態です。見分けるためにはどうすれば良いでしょうか。

 

  1. 片手で膝の上の方をお皿に向かって押さえる
  2. もう一方の指でお皿を軽く押す

何か入っているような感覚があれば、関節液、もしくは血が貯まっている可能性があります。

 

 

関節液の過剰分泌が「たまる」原因

 

関節水腫とは膝の部分に関節液がたまることによって生じる膝の痛みですが、どうして「水がたまる」のでしょう。

 

実は、関節液は元々膝の関節の中にある液体なのです。粘り気があり関節をスムーズに動くのを助けてくれます。いわば、エンジンの中に入っているエンジンオイルのような存在です。

 

関節液は滑膜(かつまく)という場所で作られますが、新しい関節液が分泌されたら古い液は吸収するという「オイル交換」を自動的に行っています。ですから、通常は常に一定の量が保たれているのです。

 

しかし、滑膜に炎症が起きると関節液が大量に分泌され、結果として「水がたまる」という現象が起こります。

 

滑膜が炎症をおこすことによって水がたまるわけですが、炎症をおこす原因は、「軟骨や骨のカス」。加齢やスポーツによる衝撃、関節痛リウマチや股関節の病気によって生じる骨のカスが滑膜を刺激して炎症がおこります。

 

ですから、「水がたまる」ということは、膝の関節や他の器官のどこかに異常が起きている証拠であり、原因をつきとめて治療することが大切です。

 

 

「水を抜く」「炎症を抑える」のダブル治療

 

関節水腫と診断されたら2つの治療が平行して行われます。

 

水を抜く

膝関節の中にたまった関節液は、分泌している滑膜をさらに刺激してしまい、余計に過剰分泌を引き起こす原因です。ですから、水を抜いて余計な刺激を滑膜に与えないようにします。注射針を使って水を抜く「関節穿刺(かんせつせんし)」という方法が一般的です。

 

炎症を抑える

水を抜いたところで、原因を治療していなければ水はたまり続けます。それで、炎症が起きている箇所を治療しなければなりません。薬物療法や温熱療法、さらには手術によって原因を取り除くこともあるでしょう。

 

 

突然の膝の痛みはツライものです。もし痛みの原因が「関節水腫」である場合、放っておいても痛みが治まらずさらにひどくなることもあるでしょう。炎症を悪化させないために水を抜くことに加えて、炎症の原因をつきとめて治療することも大切です。

 

しっかりと原因を治療しなければ痛みを繰り返すことにもなるので気をつけましょう。