コンドロイチンの副作用と高血圧

コンドロイチンの副作用と高血圧

 

高血圧の症状を抱える人にとって、食事療法、特に塩分摂取量に気をつけることは大切な治療の一環となっています。しかし、コンドロイチンのサプリメントは高血圧の人には向かない、副作用を引き起こすという意見があります。

 

それは本当なのでしょうか?辛い関節痛に苦しんでいたとしても、高血圧の方はコンドロイチンのサプリメントを摂取してはいけないのでしょうか?

 

 

コンドロイチンが懸念された理由

 

血圧を上昇させる?

コンドロイチンには、「コンドロイチン硫酸ナトリウム」が含まれています。この「ナトリウム」は、「塩化ナトリウム(食塩)」と同じ名称です。ですので、「コンドロイチン硫酸ナトリウム」であるコンドロイチンを摂取すると、まるで食塩を摂取したときと同じような反応を引き起こしてしまうのではないかという心配がなされています。

 

もしそうだとしたら、せっかく食事制限でセーブしている食塩をわざわざ摂取することにもなるわけですから、とても残念な結果であると言えます。

 

コンドロイチンは血圧上昇と関連がない

しかし実際には、様々なデータによって、「コンドロイチンが血圧を上昇させる働きはほとんどない」ということが解明されたのです。ですので、コンドロイチンは高血圧の方でも飲むことができるサプリメントであると言えます。

 

主成分以外もチェック

しかし留意すべき点として、サプリメントとして売られているものの中には、コンドロイチン以外にも色々な成分が含まれているものです。ですから、コンドロイチンのサプリメントを購入する際には、主成分だけでなく細かな成分も確認することが大切です。

 

 

高血圧の方にとっての嬉しい作用

 

新陳代謝の活性化

実はあまり知られていない点ですが、コンドロイチンには新陳代謝を活発にする働きもあります。

 

人間の身体は、新陳代謝が衰えてしまうと、身体の中に老廃物がたくさん溜めこまれてしまうので、体がむくんでしまったり肌が荒れてしまったり血液がドロドロになってしまったりします。

 

しかし逆に、新陳代謝が活発になると身体の中の老廃物がとてもスムーズに排出されるので、体内がとてもクリーンな状態になり、健康な体へと一歩近づくことができます。

 

血液サラサラ

また、新陳代謝が活発になると言うことは、血液がサラサラになるということでもあります。「血液がサラサラになって、血流が良くなったので、高血圧にも効果があった」というケースもあるようです。

 

コレステロール分解

さらに、コンドロイチンは血管内のコレステロールを分解する作用があるので、それによって引き起こされる血栓や動脈硬化などの病気を防ぐ効果も期待されています。

 

このように、コンドロイチンは、高血圧改善においてかなりの高い効果を期待できる成分であると言えます。とはいっても、やはり新しいサプリメント習慣を始めるときに多少の不安は付き物です。まずはかかりつけの医師に相談して、それから飲み始めるのがベストであると言えるでしょう。