ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは

 

ヒアルロン酸とは

 

粘性と弾性

ヒアルロン酸は、「グリコサミノグリカン」と呼ばれる、ムコ多糖類の一種です。

 

特徴としては、その鎖状の構造ゆえに粘り気が非常に強いことと、その弾性つまり、もとの状態に戻ろうとする性質が挙げられます。

 

しかし、その粘性と弾性はヒアルロン酸の濃度や分子量つまり、その鎖の長さによって様々に変わって来ます。さらに、わたしたちの身体の中でどこに位置するかによっても状態が多少変化します。

 

水分保持能力

人間の身体の約60%は水分からできていると言われています。そして、ヒアルロン酸は1gで6リットルの水をキープするチカラがあり、その保水力の高さから考えても、人間の身体には欠かせない物質であると言えます。

 

様々な作用

細胞間で水を保持してくれるので、いつでも細胞に充分な水分を与えることができます。その他にも、細胞間でクッションのように働いて、細胞を守る役割も担ってくれています。さらには、怪我をしたときや、炎症を起こしたときにも、細胞を修復するために働いてくれます。

 

 

ヒアルロン酸と関節痛

 

ヒアルロン酸は減少する

生まれつきわたしたちの体内に存在しているヒアルロン酸ですが、年を重ねるごとにその量は徐々に減少していきます。さらに、その合成能力も低下していくと言われています。

 

赤ちゃんの頃をピークとして、30代頃から減少が始まり、40代では赤ちゃんの半分、60代では赤ちゃんの4分の1にまで少なくなってしまうそうです。

 

その結果、身体の色々な箇所でヒアルロン酸不足の状態になってしまい、肌がカサカサになってしまったりするのです。しかし、ヒアルロン酸の不足は美容面にのみ深刻なダメージを与えるのではありません

 

ヒアルロン酸と膝の痛み

実は、ヒアルロン酸が減少すると膝や関節の痛みにもつながるのです。どうしてそう言えるのでしょうか?

 

それは、ヒアルロン酸の優れた保水効果と関係があります。人体の関節は軟骨と関節液に包まれていて、そのおかげで様々な衝撃から保護されています。本来この軟骨や関節液の中にもヒアルロン酸がたっぷり含まれているのです。そして、充分な水分をキープすることで、衝撃吸収作用のあるクッション性を高めているのです。

 

ヒアルロン酸が減少してしまうと、クッションとしての軟骨の機能が低下してしまい、膝の痛みにつながるのです。そこで、膝をいつまでも健やかに保つために、失われたヒアルロン酸を効率よくを補うことがポイントになってきます。

 

 

ヒアルロン酸をより効果的に摂取する方法

 

ビタミンB

ビタミンBにはヒアルロン酸がもともと持っている水分保持能力を高める働きがあるとされています。ですので、一緒に摂取することでより効率よく膝の痛みにアプローチできるのです。

 

グルコサミンやコンドロイチン

さらには、グルコサミンやコンドロイチンと一緒に摂取することで、もっと長い時間、そしてより効果的に、膝の痛みに働きかける作用が期待できるとされています。

 

 

ヒアルロン酸を効率良く身体に取り入れてあげることで、美容面だけでなく関節痛や膝の痛みにも効果的です。普段の生活から意識してみてはいかがでしょうか。