コラーゲンの効果

コラーゲンの効果

 

コラーゲンとは

 

コラーゲンは、私たちの体内に存在するタンパク質の一種です。実はわたしたちの身体を作り上げているタンパク質の中でも、そのおよそ30%をコラーゲンが占めていると言われています。

 

その働きとしては、細胞同士を結合させたり、細胞の増殖をサポートしたり、その組織を支えたり、というものがあります。コラーゲンは皮膚や靱帯、骨、軟骨など色々な組織の中に含まれています。特に骨や軟骨においては、コラーゲンが隙間なく密集して存在しています。

 

ですので、弾力性が非常に高く、かなりの衝撃に耐えられるのです。

 

 

コラーゲンは減少するもの

 

こんなにも大切な役割を担っているコラーゲン、当然体内ではいつもコラーゲンの生産が行われています。しかし、悲しいことに年を重ねるごとに、コラーゲンはだんだんと減少していき、その質も若い頃とは比べ物にならないほど低いものとなっていきます。

 

 

コラーゲンと関節の関係

 

軟骨とコラーゲン

コラーゲンには実は色々な種類があります。その中でも特に身体の中に存在しているコラーゲンは約30種類あります。コラーゲンの中でも軟骨に含まれているのは「U型コラーゲン」と呼ばれています。

 

この「U型コラーゲン」というのは、実は軟骨の50%を占めているといわれています。そして、軟骨組織を支える丈夫な骨組みとして、毎日色々な衝撃に耐えてくれています。

 

ですので、コラーゲンが少なくなってしまうと、結果的に軟骨の骨組みがもろくなってしまい、ゆくゆくは膝に炎症が起きて、その炎症が膝の痛みを引き起こしてしまうのです。

 

コラーゲン摂取が丈夫な軟骨のカギ

ですので、失われたコラーゲンを充分に摂取することは、丈夫な軟骨を維持するのにつながります。

 

また、コラーゲンが多ければ多いほど新陳代謝も活発になるので、つらい膝の痛みを和らげたり、以前よりスムーズに関節を動かせるようになったりと嬉しい効果も期待できます。

 

 

コラーゲンと骨の関係

 

骨粗しょう症にコラーゲン

統計によりますと、50代以上の女性の2割〜6割が骨粗しょう症を患っているそうです。「丈夫な骨のためにはカルシウム」と思いがちですが、実はカルシウムだけの骨は比較的もろく折れやすいという傾向があります。

 

丈夫でしなやかな骨

その点、コラーゲンを摂取した骨は、カルシウムのみを摂取した骨に比べて丈夫でしなやかであるといわれています。なぜなら、骨に存在しているコラーゲンは、ミネラル・カルシウムなどの他の栄養素を付着・吸収させてくれるからです。

 

骨密度アップ

また、コラーゲンによって骨密度も高くなることが研究によって明らかになってきました。ですので、骨粗しょう症の予防のためにも若いうちからコラーゲンを摂取することが大切であるということがわかります。

 

 

コラーゲン摂取は嬉しい効果がたくさん

 

このようにコラーゲンは、軟骨の働きを常に高い状態に保ったり、軟骨を再生する大切な成分となったり、さらには骨そのものをしなやかで丈夫にするといった、本当にたくさんの効果が期待できる成分です。

 

膝の痛みに悩まされている方や、関節痛予防に興味のある方は、まずはコラーゲンを摂取してみてもよいかもしれません。