コンドロイチンの目への効果

コンドロイチンの目への効果

 

わたしたち現代人の目は、歴史上かつてないほど酷使されているといっても過言ではありません。パソコン、スマートフォン、テレビなどに囲まれ、紫外線も年々強くなってきています。

 

このように、さまざまなダメージを受けることによって、目が疲れてしまったり、焦点がぼやけたり、なかには深刻な目の症状を抱えるようになる方もいます。

 

その点、コンドロイチンは目に対する高い効果が立証されています。

 

 

老眼との関係

 

老眼発症のメカニズム

老眼を発症する原因としては、「加齢によって目のピント調整機能が衰える」ことが考えられます。

 

そもそも人間は、目の中にある水晶体の厚みを薄くしたり厚くしたり、変化させることによって、ピント調整するといわれています。その結果、遠くにあるものでも近くにあるものでも、すぐにクッキリ・ハッキリ見ることができるのです。

 

しかし悲しいことに、加齢にともなってこの水晶体の柔軟性は徐々に失われていってしまうものです。そして、ピントが合いづらくなった状態、つまり老眼になってしまうのです。

 

老眼とコンドロイチンの関係

コンドロイチンには、「毛様体」の働きをサポートする作用があると言われています。

 

「毛様体」には「毛様体筋」という筋肉があって、この筋肉の働きによって、水晶体の厚さをかえることができ、ピントを合わせられるわけです。

 

このように、毛様体はピントを調整するうえで重要な役割を果たしていますので、コンドロイチンには老眼の予防・改善効果が期待できるというわけです。

 

 

飛蚊症との関係

 

飛蚊症とは、遠くの白い壁や空を見た時に、目の中にゴミのような、蚊のようなものが飛んでいるかのように見えたりする症状のことです。

 

飛蚊症発症のメカニズム

 

飛蚊症は、目の「硝子体」と呼ばれる部分に問題が生じることによって引き起こされるとされています。硝子体というのは、眼球内容の大部分を占めるゼリー状のものを指します。硝子体によって眼球の形と弾性を維持することができ、また、水晶体で屈折された光線を網膜まで正しく送ることもできます。

 

飛蚊症とコンドロイチンの関係

この硝子体にはコンドロイチンが豊富に存在しているので、コンドロイチンが不足すると硝子体が正しく機能しなくなってしまい、飛蚊症になってしまうと言われています。

 

ですので、失われたコンドロイチンを補うことが、飛蚊症の予防・改善に役立つわけです。

 

 

角膜の濁りとの関係

 

角膜とコンドロイチンの関係

私たちの眼球の表面を覆っている「角膜」、そして水晶体などの、目を構成する組織には、コンドロイチンが豊富に含まれています。

 

ですので、角膜でコンドロイチンが不足すると透明度が維持できなくなってしまいます

 

白内障につながる危険性

さらに、この角膜の濁りが悪化してゆくにつれて、白内障を引き起こす原因にもなっていきます。

 

 

コンドロイチンの摂取方法

 

濁りのない澄んだ瞳でありつづけるという目的のためにも、そして白内障を予防するためにも、加齢と共にどんどん減っていってしまうコンドロイチンを積極的に補うことが予防・改善につながります

 

 

コンドロイチンは食事でも摂取することは可能ですが、サプリメントの方が手軽に補うことができます。また、最近では点眼薬の中でも、コンドロイチンが含まれているものも販売されています。

 

ですので、サプリメントと目薬を併用して、効率よくコンドロイチンを体内に取り入れるのも良い方法です。