コンドロイチンの難聴への効果

コンドロイチンの難聴への効果

 

一般的に、どこの国においても人口の20%が何らかの難聴を経験しているという統計が出ています。つまり、日本人の約600万人が聞こえづらさを抱えながら生活しているということです。

 

また、以前は「難聴」と言うと高齢者のみが経験するものと思われていましたが、現代では若い人であっても耳のトラブルを経験する人が少なくないようです。生活スタイルの変化や過度のストレスなどが原因として挙げられています。

 

しかも、毎日少しずつ進行していくタイプの難聴ですと、自分ではなかなか気づきにくいものです。ですので、日頃から予防のために、耳に良い栄養成分を摂取することが大切です。

 

実はコンドロイチンは、私たちの耳にとても良い効果をもたらしてくれる成分として、注目されているのです。

 

 

耳の構造

 

軟骨の働き

私たちの耳の中には「軟骨」があります。そして軟骨は、耳から入ってくる様々な音をクッションのように吸収し、最適な音量で伝えるのを助けてくれるのです。

 

このように、耳の軟骨は、わたしたちが音をクリアに聞くためには欠かせない部分であると言えます。しかし、耳の中の軟骨も、膝や肩などの関節に存在している軟骨と同じように、加齢にともなって磨り減ってしまいます

 

軟骨のすり減りが難聴の原因

軟骨が減少してしまうと、クッション性つまり「外からの音の衝撃に耐える力」が落ちてしまうので、耳鳴り聞こえづらさなどの耳のトラブルが起きます。そして、耳鳴りなどの症状は、長い間放っておくと、頭痛めまいを誘発することもあります。

 

中には、不眠症などといった症状を抱えるようになるケースもあります。ですので、このような重い症状が出る前に、早めに対策を講じる必要があります。

 

 

コンドロイチンの効果

 

軟骨の修復にコンドロイチン

耳のトラブルの原因が軟骨の磨り減りであるなら、軟骨の主要成分であるコンドロイチンを摂取することが必要になってきます。加齢や生活習慣によって失われたコンドロイチンを補えば、軟骨が修復され、またクッションの作用を果たせるようになるからです。

 

難聴予防にコンドロイチン

仕事の都合などで普段からイヤホンをつけなければいけない方や、大きな音に長時間さらされている方などは、まだ若くても聞こえづらさや耳鳴りなどの不快な音に悩まされるといったことが起こりやすいと予測されます。

 

ですので、自分はまだ若いから大丈夫といった油断はできません。まだ重大な症状が出ていなくてもコンドロイチンを摂取して予防につとめることができます。

 

コンドロイチンの効果をより高める方法

また、コンドロイチンを摂取するときに、その効果を高めるために工夫できる点もあります。例えば、ビタミンB12をコンドロイチンと一緒に摂ることができます。なぜなら、ビタミンB12には末梢神経の代謝を促す役割があると言われているからです。

 

これは、実際の医療現場において、難聴の治療薬としても用いられています。ですので、コンドロイチンのサプリメントを摂取する時に、ビタミンB12も一緒に摂ることによって、さらなる相乗効果が期待できるのです。