ストレッチでアキレス腱をほぐして!膝の痛みにも関係が

ストレッチでアキレス腱をほぐして!膝の痛みにも関係が

ストレッチでアキレス腱をほぐして!膝の痛みにも関係が

 

「膝を温めたりマッサージしたりしても、膝の痛みがちっとも楽にならない」という人は、ひょっとしたら、アキレス腱が影響しているかもしれません。膝痛の原因のひとつです。

 

 

膝とアキレス腱の関係

 

アキレス腱というのは、歩行をはじめとした「足を使う動き・運動」のためにはなくてはならないところです。

 

そのため、アキレス腱が十分にほぐれていないと、それだけで歩く姿勢などのバランスが崩れてしまいます。そのバランスの崩れが膝の痛みにつながる、というケースも多いのです。

 

 

アキレス腱のほぐし方

 

アキレス腱のマッサージは、とっても簡単に行えます。すぐできる方法なので、実践してみてくださいね!

 

1.イスに座って優しくつまむ
イスに座って、アキレス腱を親指と人差し指で、やさしくつまんでください。そこから足首を内側に向けます。強い力でつままなくても大丈夫です。

 

2.足首を5秒ほどキープ
足首を内側に向けて5秒たったら足首を元に戻します。そして、今置いている指でアキレス腱を軽くもみほぐしましょう。

 

これを、左右のアキレス腱ともに3回ほど行います。その後、体育の授業でやった「アキレス腱伸ばし」のストレッチを軽くやれば完了です。順番は間違えないでくださいね。

 

 

アキレス腱の状態をチェックしよう

 

膝の痛みが、右か左に偏っている」という人は、アキレス腱の柔軟性に左右で差が出ているかもしれません。これを調べる方法は簡単です。

 

床に座って両足を前に伸ばします。足の甲から足先にかけての部分を、手前に向けるようにゆっくりと曲げます。

 

この足首の曲がり具合に差がある場合は要注意です。曲がりの悪い方が、アキレス腱のほぐれも悪いのです。

 

左右の状態に差がある場合は、悪い方のアキレス腱を、もう片方よりも少しだけ念入りにほぐすといいでしょう。悪い方は、よりゆっくりとストレッチしてください。息を吐くとストレッチが長続きしますので、試してくださいね。